記事の概要

かつての芥川賞作家「柳美里」が光熱費の支払い、食費にも事欠くほど困窮し貧しくなっている。

どうやらその原因は柳美里氏自身の鬱病、出版業界の不況で本が売れない、自身の散財らしい。

ある程度は自己責任で同情ができないがw

では一個ずつ詳しく見て行こう。

まず柳美里氏自身は鬱病になって小説が書けない状態になってしまっていた。

寝ているところから一歩も動けない状態、人に会いたくない状態だったらしくかなりの重症だ。

次に現代は本が中々売れない時代というものだ。

現在(2015年付近)電車に乗ると皆スマホをいじくり倒して文庫本小説なんか読んでいる人が本当にいない。

最後に自身の散財だ。柳美里氏はただタクシーに乗って延々2時間走り回るというアホな遊びに興じてお金を散財したようだ。

ところで、この柳美里氏の人生からわかることってお金はすぐに無くなるから油断するなということだと思う。

一時的経済的に絶頂を迎えて散財してすぐにダメになるパターンは本当に多い。

ソース記事年収1億円から困窮生活へ――芥川賞作家・柳美里が告白「なぜ、私はここまで貧乏なのか」 (Business Journal) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2chの反応など

柳美里って特定できる友人の身体的特徴を小説のネタ(石に泳ぐ魚訴訟)にして裁判を起こされて負けた人ねwww

 

時々、火病を起こして出版社とトラブルになっていると聞くね。

 

芥川賞ってただの新人賞だからな。

 

この人って福島県の南相馬市に住んでいるんだよね、極左的な活動にも関わっているチョンだから。

 

文豪界の女清原版みたいな転落人生でワロタwww

 

自業自得という言葉しか思いつかない。

 

在日テーマで美化とか嘘のない小説を書けば売れるよ。

 

小説家や漫画家って収入安定しなさそうだから大変そう。

 

芥川賞を取れば出版社の担当さんがついて一生食えるというのは完全に幻想だったわけね。

 

年収1億円もあったのになんでそんなに浪費するんだよ。

 

年収1億円もあったなら賃貸マンション経営のためにマンションを2棟ほど買えるね。

 

後先を考えずにその日暮らしの生活をするって朝鮮人の属性だな。

 

ただの浪費だから生活保護の支給を受ける前に母国の朝鮮へ帰ってください。

 

小説家って原稿料の前借りばかりして貧乏なイメージ。

 

小説家の宮部みゆきはスマップの中居君と同じくらいの収入みたい。

 

自営業はピークの10年で一生分の稼ぎを得るのが基本だと思うよ。

 

ラノベ作家は儲かるらしいよ、誰かが脱税で捕まったくらいだからwww