記事の概要

野球解説者の「張本勲」氏の差別と貧乏エピソードが話題になっている。

とうのは張本氏は在日朝鮮人2世として広島で食うや食わずの極貧生活を送り、またすさまじい在日差別にあったようだ。

さて、そもそも張本氏の親御さんは朝鮮半島から日本に密入国してきたようね。

で、広島に移住して闇市などで商売をしていたみたい。そこでは密造したアルコールの販売やホルモン焼きの販売などいかにも在日の職業だなと思うことを行っている。

そして張本氏のお母さんは日本語もできない状態でチマチョゴリを着ていたりなどで結構、騙されたりしたそうだ。

うーん、密入国者だし言葉が話せないならしょうがないと思うけど。

ところで、張本氏はこのような数々の在日差別に屈しないため(?)にあえて「帰化」はしないことにしたようだ。

というかこの発想がそもそも腐っているね。

日本人じゃないのになぜ「張本」という苗字を名乗るのかw

ソース記事貧乏と差別の少年時代 張本勲「喝!」の背景 (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2chの反応など

嫌なら日本から出ていきましょう。

 

ユーミンって張本のファンだよな。

 

「パクる」=「盗む」という朝鮮起源日本語なんだよね。

 

張本の「喝」芸って大沢親分のパクリだよね。

 

こういう人って大人になってお金持っていても心が貧しいよね、子供の時の家庭環境って大事だと思う。

 

三浦カズの件で批判されたから今度は被害者アピールを始めたのか。

 

でました、私は被害者ニダニダ。

 

野球は貧乏だとできないらしいから、張本の貧乏話はウソだと。

 

「通名」とかわけのわからん制度を廃止してほしい。

 

張本は同情を買う作戦を実行するところまで追い込まれている。

 

王貞治さんは台湾国籍のままだよな。

 

不法入国してきて被害者面とはなんだこいつ。

 

日本人の温情で置いてもらっているにも関わらず差別ニダと叫びだす始末。

 

日本に帰化する気のない在日は早く消えてくれや。

 

帰化しないのは朝鮮人んの誇りニダ。

 

なんで張本の母は戦後帰国しようと思わなかったんだ。

 

日本に渡ってきたことを当然のように言いやがるチョン。

 

不法入国はただの犯罪です。

 

強制送還されず野球で活躍できたんだから日本って良い国じゃん。

 

当時は日本人も貧乏して苦労したからな。

 

偏屈なハリーは大沢親分がいたからなんとかなった。

 

ウリはこんなに可哀想ニダー。

 

勝手に日本に来ておいてひ恨み節を言うのは違うと思う。

 

密入国先で苦労したのは親の判断ミスだと思う。

 

サッカーやマイナースポーツを差別するハリーさん。