記事の概要

一発屋と呼ばれる芸人たちは今何をして生活しているのだろうか?

栄枯衰退が激しいと言われている芸能界で生きるのは厳しいのか?

ところが、一発屋と呼ばれる芸人たちは地方の営業でぼろ儲けしているというのだ。

地方営業というのはイオンなどのショッピングセンターのイベント会場、遊園地のイベントのゲスト、パチンコ屋の営業を指している。

ここでの出演料は一回100万円前後らしく中々の額にのぼっている。

彼らはテレビに出なくても全然生活ができて豪遊できるほどの収入を持っていることになる。

ところで、一発屋芸人と言われる人たちはテツトモ、小島よしお、ダンディ坂野など「サムイ」芸の方が多かった印象がある。

サムイ芸でも時間つぶしのためや出落ちみたいな雰囲気で会場を盛り上げてくれるならイベントに呼ぶ価値があるのかなと思いますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

2chの反応など

皆が知っている芸風だから家族で見に来ても安心して観ていられると思う。

ムーディー勝山って地方ではすごい人気あるんやで、出落ち感がすごいけど。

テツトモはフリートークが苦手だからテレビ向きじゃなかったみたいね。

彼らのネタは営業にもってこいのネタなんだよな。

エスパー伊藤は年収2000万円らしいぞwwww

テツトモとか小島よしおは芸がわかりやすいから老人から子供まで受けやすい。

芸人の髭男爵が結婚式でやっていた乾杯の音頭は一回40万とかなりボッていたみたい。

近所のイオンに来ているを観に行ったことがあるけど凄い人でものすごい盛り上がりだった、全然嫌われていないんだな。

彼らは客のウケもいいしスタッフへのサービスも良いし気持ちのいいイベントだった。

ツトモの踊る大捜査線の顔芸がツボだったんだけどもうやらないのか。

余興感があって会場が盛り上がるから使いやすい芸人なのかも。

テツトモは地方営業に行くと適度に現地ネタを放り込んで場を盛り上げるから凄いよ、客層とかを観て瞬時にネタをアレンジするらしい。

テツトモは70歳くらいのおじいちゃんになって動きがスローになっても面白いと思う。

学園祭に清水ミチコを呼ぶのに60万円かかってピアノオプションだと120万円も取るらしいで。

テツトモはうちの母親も大好きだし、歌が上手いかつ下品でないから好感がもてる。

しかも受けるポイントやコツを熟知しているプロの大道芸人だと思うから一発屋という呼び方はふさわしくない。

日刊ゲンダイ|テツトモ年収1億円説否定も やっぱりオイシイ“一発屋稼業”