記事の概要

元野球選手の元木大介がオーナーを務めるラーメン屋「麺屋 元福」が全店閉店している。

この店は広尾、足立、仲御徒町に3店も出店してたようだ。

ところで食べログの評価は星三つほどで大した評価は受けていなかったみたい。

またレビューの内容もスープが煮詰まって後味が悪い、あまり先が長くなりそうじゃない店と酷評されていたりする。

東京はラーメン激戦区と言われているくらい競争が厳しい。

つまり元木大介という有名人の知名度を前にしても実力が無ければ空しいものだと。

ソース記事日刊ゲンダイ|話題集めた元木大介氏のラーメン店 ひっそりと閉店していた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2chの反応など

算数もできない漢字も読めないおバカタレントが経営とか無理。

 

ラーメン屋って2年サイクルで潰れているイメージ。

 

経営や調理スキルが無いけど日銭を稼ぎたいというなら、知名度を生かせるものとしてスナック経営が妥当だと。

 

デビッド伊東のラーメン屋「でび」は名前を変えて生き残っているらしい。

 

元木が美味いラーメンなんか作れるわけないじゃん。

 

清原がラーメン屋やったらギトギトの胃もたれしそうなラーメンができそうだなwww

 

元木のラーメン屋で飯を食ったことがあるが、スープが甘めだしあまり腹が膨れなかった。

 

麺屋てつじのラーメン屋、ガリクソンのラーメン屋などって店員の愛想めちゃくちゃ悪かったよ。

 

相撲取りのちゃんこ鍋やが一番固いと思う。

 

マンションとかアパート経営の方が絶対に儲かるよな、飲食業はめちゃ難しいと思う。

 

笑点の喜久蔵ラーメンってまだあるのかな。

 

有吉の番組で外食店評論家が1年以内の閉店率90%とか言っていたな。

 

河合我聞もラーメン屋やっていた。

 

元木は何をやっても中途半端だけどやっている間はきっちり稼いでそれをたらたらやっていったら食えるよ。

 

ラーメン屋が多すぎて成功するのが難しくなっていると思う。

 

ラーメンのスープって奥が深くてなんだかんだオーソドックスなものを選びがちになる、斬新で新しい味を出して飽きられるのが早いからな。

 

飲食店は場所の利もあるから、なんとも言えない、繁盛しやすい場所の飲食店は中々潰れないからその場所は空かないし。

 

ラーメン業界に今から参入してもライバルが多すぎて美味しい思いはできないらしい。

 

パチンコ営業で地方のドサ周りをしていた方が儲かるのでは?

 

島田紳助ファミリーがどんどんダメになっていくな、呪われているんじゃないかと思うくらいだな。

 

ラーメンは客の舌が肥えているからな、まずいとすぐに潰れる。