記事の概要

年金受給者の高齢者たちが、年金の減額決定は憲法違反だとして東京地裁に提訴したらしい。

年金受給者ら原告の声を聞いてみると色々突っ込みたくなるw

今の老人は何だかんだ経済成長があっていい時代に生まれて資産ももっているから、こういう訴訟をやる意味がわからん。

本当に貧乏なのかな。

ところで、彼ら原告の発言で「若い人たちにもこれから先にあるだろう年金生活を一緒に考えてほしい」と述べている。

えっと、管理人の世代などはそもそも年金自体もらえない可能性が高い。

そして私は正直なところ強制執行が無かったら年金自体払いたくない。

後、管理人の世代は年金を受給できるのは90歳くらいになってる可能性もある(決して誇張ではない)。

そもそもその年齢まで生きているか微妙なんだよなw

ソース記事「年寄りは死ねというのか」年金減額は憲法違反ーー全国の「年金受給者」が提訴 (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2chの反応など

年金貰える連中は所得倍増計画とか高度経済成長期の恩恵を多大に受けているからな・・・しかも年金額が減っても「貰えなくなる」わけではない。

 

財源はどこにあるんだよ、いい加減にしろ老害。

 

日本の資産の半分くらいは団塊の世代が持っているというアレ。

 

金ない金ないとか言いながら現役世代より金をもっているジジババは一体なに^^

 

現役世代はジジババの奴隷じゃないんやで。

 

年金で食えないなら生活保護という手段がありますよ。

 

高額な年金を貰っている人の支給額を減らすだけなのにこんな訴訟やってケチだな。

 

年金だけで楽して暮らせると思っていることが驚き。

 

むしろ今の年金制度では若い人が青色吐息やでw

 

今、日本が豊かに暮らせているのは団塊の世代がシャカリキに頑張って働いたからというのも何となくわかる。

 

国は年金だけで暮らせるとか約束していないけどな、自営業者なんて死ぬまで働いているからね。

 

年寄りが皆金を持っているわけじゃないらしいね。

 

逆に、こういう発案者って年金減らすための世論を作る役者じゃないかと思ってしまうんだよねぇ、厚労省かどっかから頼まれてさ 。

 

現役30代の年金見込み額は1200円らしいでwww

 

その年になるまで資産形成できなかったなら諦らめろw

 

公務員と議員の年金が多すぎるのがおかしいと思う。

 

純粋に国民年金だけで生きていけるのは田舎の資産家だけじゃないか。

 

現役世代が老人になった時には年金はもうもらえないかもな^^

 

老人の長生き病が国を破たんさせている。