記事の概要と感想

連ドラの脚本家の北川悦吏子さんが難病を患っているらしい。

北川さんは世にも奇妙な物語やビューティフルライフの脚本を書いておりそこそこ知名度のある方だ。

彼女が患っている難病とは炎症性腸疾患というものと聴神経腫瘍というものらしい。

腸疾患の方は悪化して最終手段の大腸の摘出するという手術まで行ったというから驚きだ。

この病気は腸内に原因不明の炎症を起こすというもので彼女は人間ドックの時に発見されたというわけだ。

ところで管理人の知り合いにもこの病気になって投薬治療を継続している人がいますね。

彼はまだ20代だが難病にかかってしまいなんて不遇なんだと思う。

では聴神経の腫瘍はどんな症状なのだろう。

これは聴覚が無くなってしまったり神経を圧迫して難聴になったりする症状を生む。北川さん自身も片耳の聴覚を完全に失っているようだ。

なぜこういう事態になる前に適切な外科医などの診察を受けなかったのか。

難病している私かわいそうという論調はやや滑稽に感じるけどね。

ところで管理人は脳神経外科の福島先生という方のドキュメンタリーを何回か観たことがある。

彼はゴッドハンドつまり神の手として有名でアメリカのデューク大学の教授をしている凄い方だ。

そのドキュメンタリーの中で福島先生が聴神経腫瘍を摘出している手術の場面があった。

福島先生いわく聴神経の主要は脳外科の中でも一番難易度が高いもので正確かつ安全に手術が行えるのは数えるほどしかいないようだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

北川悦吏子が難病を告白「10万人に1人の病に」 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版
2chの反応など

難病と闘う私素敵ですって言いたいの???

大腸全摘で方耳不自由とは・・・・。

最近は大病のカミングアウトが流行っているの?

正負の法則ってあるやろ、金儲けしたらその代わりに何かを失うことになるんやで。

安倍総理もお腹が痛くて下痢をしていたのを馬鹿にされていたけど、最終的に大腸を全摘手術しなくちゃいけない代物だったわけね。

北川の脚本は本当につまらないし最後はやっぱり見なきゃよかったという代物ばかりです。

IBDでもクローンと潰瘍性があって、クローンの方が症状は重い。

難病とは治すのが難しいという意味でなく治す方法が現代医学ではないんだよ。

今井雅之といい今は病気をカミングアウトするのが流行ってんの?

オレンジデイズは非リア高校生に夢と希望を与えてくれたありがとう。

面白くないドラマしか書けない病気かと思たはwww