安倍総理が靖国参拝を見送る

安倍総理が2015年の終戦記念日における靖国神社の参拝を見送ると発表した。
参拝を見送った理由は中国などの反発を考慮してだと言う。
安倍総理はその代わりに私費で玉串料を奉納するつもりらしい。

yasukuni

管理人の感想

結論

すごく妥当なやり方だと思う。安倍総理の参拝見送りは賛成できるぞ。その理由を以下述べてみる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

70年談話との関係?

下記のニュースソースにあるように8月14日に閣議決定される70年談話の反発に配慮したのかなと推測できる。
70年談話は日本が満州事変以降「侵略した」と明記しないことで決定されていると聞く(なお、有識者の間では侵略を明記すると報道されていた)。安倍総理としては「靖国神社は何時でも参拝できるし・・今は70年談話をしっかり固めることの方が大事」という判断だったのでは?

玉串料の意味

玉串料の政治的意味ってどんなんだろうか。憲法の判例で愛媛玉ぐし料事件がある。

愛媛県靖国神社玉串訴訟(えひめけん やすくにじんじゃ たまぐしそしょう)とは、愛媛県知事が、戦没者の遺族の援護行政のために靖国神社などに対し玉串料を支出したことにつき争われた訴訟。最終的に最高裁が違憲判決を出した

情報源: 愛媛県靖国神社玉串訴訟 – Wikipedia

安倍総理が公費ではなくわざわざ私費で出したのは上記の判例に配慮したからなのかなと思ってしまう。
つまり公費で玉串料を出すと政教分離という原則に反して憲法違反になってしまうからなのかなと。
隙がないですね。周辺にいる人間がしっかりしているんだろうと思う。
極左系弁護士は安倍総理が公費で玉串料を出すと必ずここら辺を突っ込んでくるから。

ニュースソース

ソース1

安倍晋三首相は、終戦記念日の8月15日の靖国神社(東京・九段北)参拝を見送る方針を固めた

複数の政府関係者が8日、明らかにした。東京裁判のA級戦犯が合祀されている靖国神社への首相参拝に中国が反対していることに配慮した。

首相は9月初旬の訪中と習近平国家主席との会談を引き続き検討する。参拝しない代わりに、自民党総裁として私費で玉串料を奉納する見通しだ。 首相は玉串料を奉納することで、参拝を望む支持基盤の理解を得たい考え。第2次安倍政権発足後の2013、14年と同様の対応となる。

情報源: 首相、靖国参拝見送りへ 終戦記念日、対中配慮 – 47NEWS(よんななニュース)

ソース2

 

第2次安倍政権発足後の2013、14年と同様の対応となる。首相は06年の官房長官在任時と第1次政権(06~07年)を含めた首相在任期間を除き、毎年のように終戦記念日に参拝していた。

 首相は14日に閣議決定する戦後70年談話でも、歴代内閣の歴史認識を全体として継承すると記述し、近隣諸国に一定の配慮を示す方向。一方で先の大戦をめぐる「おわび」や「侵略」の明記には否定的で、内容次第では中国、韓国が反発する可能性がある。

首相は昨年11月と今年4月、国際会議の場を活用して習主席と会談した。今後、11月にフィリピンで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や、トルコでの20カ国・地域(G20)首脳会合などに合わせた会談を模索する。

中国は9月3日の抗日戦争勝利記念行事に首相を招待したと表明。首相は、行事自体を外した前後の日程での訪中と首脳会談を検討する。 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領との会談予定は入っていない。 首相は第2次政権発足から1年に当たる13年12月26日に参拝。中韓両国は猛反発し、米国も「失望」を表明した。その後は春と秋の例大祭を含めて参拝していない。(共同)

情報源: 安倍首相、終戦記念日の靖国参拝見送り 中国に配慮 – 社会 : 日刊スポーツ

ネット民の反応

ヘタレやな。
東京は暑いからしょうがない。
保守層の支持がどんどんなくなっていくな。
靖国行かないのは売国と言っていたけど路線変更?
次は秋の例大祭か年末か・・・。
中韓に土下座かw
英霊より中国を取るとはどういう了見だ。
終戦記念日に行くよりもむしろ屈辱の日である例大祭だろう。
ここまで好き勝手やっていて靖国参拝見送りとか失望した。
安保法案を通すなら参拝だろう?
8月15日は靖国神社にとっては何の意味も無い日だからね、参拝しないのは正解だ。
戦争で亡くなった兵士をお参りするのが何故いけないのか。