ざっくり言うと・・・

アマゾンレビューにてある本に低評価をつけた購入者がいた。しかし著者から購入者の情報を開示したいという通知がアマゾンに届いた。
片山晃「勝つ投資 負けない投資」という書籍のレビューに関してだ。
片山氏本人はブログで情報開示請求したことを認めている。その理由は「事実と異なる書き込みがあって名誉棄損だから」というものだ。

管理人のコメント

片山氏がブログで言及したことが真実なら情報開示も必要だと思う。意味不明な難癖批判も存在する。当ブログもよくコメント欄で脅迫されているwww
ただ、ネット社会は不都合な事実を握りつぶすステマと呼ばれる手法が横行している。どれがマトモな情報なのかわからなくなっているのも事実。
例えば「食べログ」は評価1を付けると食べログ運営からクレームが来て削除される(これは管理人が経験済み)。
その飲食店の味のわりには何故か評価3.8くらいがついていることはないですか?みなさんも経験されたことはあるのではないか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの反応

本当にいいものなら低い評価は高い評価に打ち消されて全然気にはならないのだけど。本人がここまでするということは批判内容に図星な点があったのかも。
アマゾンでは購入者以外もレビューをかけるシステムだから。すごく的外れなめちゃくちゃな内容もあるよ。
売名というか炎上商法な気がする。こんな人間の本は買わなくていいだろう。
アマゾンレビューでは良いコメントばっかりだから、批判的なコメントは購入者にとってありがたい。
星5個のレビューで面白いのがあった「内容はとても陳腐で見ていられません、1600円をドブに捨てるつもりなら購入するのもアリです、でも1600円を直接ドブに捨てた方が時間の節約になるでしょう」w
なんでもかんでもサゲをする奴は新作ゲームのレビューをする連中にも多くいる。
脅しのつもりで情報開示請求をするって極左業界がよくやっている手法だな。
批判は批判でもどこまでが正当な批判か否かの判断は難しいね。まあ批判されてブチ切れるお子様は出版なんかするな。
高い評価ばかりもステマ業者が書き込んだりしているから。
開示請求されたくないから星5個にしますというレビューはワロタw
そもそも資産倍増させる技術があるんならこんな本をセコセコ売らんでいいだろう。
ビギナー向けの本だって最初から言ってたのに、フェローテックがどうのとか、売り抜けたのとかレビューするとか頓珍漢だろまず。本気で載ってると期待してたんですか?
本当に金が儲かるならノウハウを他人に教えずに儲けているはずだ、この本を買う人間は情弱だよ。絶対に肝心の儲かるテクは教えてくれない。