熊本県にある阿蘇山が噴火

熊本県にある阿蘇山が14日の朝10時前に噴火した。噴煙が縁上2000メートルまで上がり噴石(岩)が飛び散っているという情報があり。現在。阿蘇山へは入山規制が敷かれている。

 

なお9月11日朝8時ころににも阿蘇山では小さい噴火が起こっている

阿蘇山噴火直後の様子 阿蘇山が噴火した様子1阿蘇山が噴火して煙に包まれている様子

福岡管区気象台は、14日09:43に熊本県の阿蘇山で噴火が発生したと発表しました。噴煙は火口縁上2000mまで上がり、火口から弾道を描いて飛散する大きな噴石も確認されています。

今後も同程度の噴火が発生し、弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から1km以上に飛散する可能性があるとして、10:10に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げています。

阿蘇山中岳第一火口では、9月11日07:50頃に噴火し、最大火口上300mまで上がったものの14:50までには停止していました。

気象庁は常時観測火山を対象に、初めて噴火した場合、また継続的に噴火している火山でそれまでの規模を上回る噴火を確認した場合に、噴火の発生事実を迅速に発表する情報として、8月4日14:00から噴火速報を導入していて、今回が初の事例となります。

09:43 噴火発生
09:50 噴火速報発表 首相官邸危機管理センターに情報連絡室設置
10:10 噴火警報発表、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引上げ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150914-00000002-rescuenow-soci

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

阿蘇山噴火定点カメラによる画像

阿蘇山噴火の定点カメラの様子1阿蘇山噴火定点カメラ2阿蘇山噴火定点カメラ3阿蘇山噴火定点カメラ3 阿蘇山噴火定点カメラ5

阿蘇火山博物館ライブカメラ