1、坂口佳穂が可愛いと話題に

 

ビーチバレーの坂口佳穂(さかぐちかほ)が可愛いと話題になっている。

 

坂口佳穂は第二の「浅尾美和」して期待されている。

 

なんだかルックスが長澤まさみにすごい似ているな・・・。

 

素人独特のイモ臭さが無いと思ったらどうやらタレント活動をやってらっしゃるようだ(これは後述)。

 

プロスポーツ選手である以上、実力よりもルックスが持て囃されるのは負けだと思う・・・w

 

では以下では坂口佳穂の簡単なプロフィール、ドラマ「あまちゃん」との関わり、坂口佳穂が可愛いという関しての掲示板の反応を紹介する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2、簡単なプロフィール

●名前:坂口佳穂(さかぐち かほ)

●生年月日:1996年3月25日

●出身地:宮崎県

●身長:172cm

●在籍大学:武蔵野大学

●在籍クラブ:川崎ビーチスポーツクラブ

情報源: ビーチバレーの坂口佳穂がかわいい!高校は?大学は?Numberで紹介!

坂口は番組「すぽると」で紹介されたのを契機に注目されて「浅尾美和の後継者」として人気に火がついた。

 

中高時代はレプロという芸能事務所に所属してアイドル活動、タレント活動をやっていた。

 

高校卒業を契機に芸能界からは卒業してプロのビーチバレー選手になることを決めたようだ。

 

本当はアイドルを継続したかったようだが、子供のころからの夢に「バレーボール選手になる」というものがあったらしい。

 

大学は武蔵野大学で学部は法学部だ。

 

要するにアイドル崩れということかw

 

中高時代という多感な時期に芸能界というドロドロした世界にいると人格形成にかなり影響ありそうだがw

 

3、ドラマ「あまちゃん」と関わり

 

坂口佳穂は中高時代、アイドルとして「ベイビーレイズ」というグループに所属していた。

このアイドルのコンセプトが下記の通りだ。このコンセプトがかなり攻撃的でやばい集団じゃないかと勘ぐってしまうw

2012年5月、「ベイビーレイズ」として結成。

グループ名の「ベイビー」(baby) は“かわいこちゃん”の意味だが、一方で「レイズ」 (raids) には“不意の襲撃” “奇襲” “強襲”などの意味がある。

その名の通り、人気アイドルグループのライブやイベント会場に“乱入”(乗り込み)しては、ファンの獲得(乗り込んだグループのファンを奪う=乗っ取り)を目指すというプロモーション手法をとっておりオフィシャルサイトでは「乗り込み! 乗っ取り!! アイドル」と称している。

情報源: ベイビーレイズJAPAN – Wikipedia

さて、アイドル「ベイビーレイズ」は能年玲奈主演の朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌に関わっていた。

 

具体的には「暦の上ではディセンバー」という挿入歌のコーラスを歌っていたようだね。

 

能年玲奈の事務所はレプロだから、同じ事務所繋がりで使ってもらったのかも。

 

なお、能年は現在独立騒動、洗脳騒動で完全に干されています。

 

4、掲示板の反応

浅尾より全然好きw
大学生で競技歴1年半か・・・タレントがビーチバレーやっているだけじゃない?
アスリートの身体じゃない、緩いなw
代表クラスは無理だろうね、部活レベルじゃない?
浅尾ですら春高という全国大会出身者だからな・・・・実績のない元タレントがw
予想以上に良かった、浅尾も良いけどこいつもいいね。
グラビアでもやっておけよ、アスリート舐めんなよ。
何故ビーチバレーをやっているのに色白なんだw
可愛いなこれで実力が伴えば完璧だ。
元々芸能人なんだからこれくらい可愛くて当たり前。