内蔵型カーナビはもう古い?スマホカーナビナビで代用する若者が急増中

定期的に車を運転する人に「使っているカーナビは何」というアンケートが実施された。

 

そのアンケートの結果で顕著だったのは20代の若者の多くは内蔵型カーナビをあまり使用していない、スマホのカーナビ機能を使っているという結果だった。

 

この結果に対して元ネタの記事の記者は「若者の方がスマホを使いこなしているから」「内蔵型カーナビより値段が安いから」と分析している。

 

単純に若者は金が無いからということか。それなら同意だ。私はスマホナビより内蔵型カーナビの純正品は付けるべきだと考えている人だ。以下、スマホナビの普及に反論してみる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

20代の若者に金が無いから

最近よく言われる若者に金がないからという風潮。最近の若者は車自体に乗らなくなっているというデータも出ている。例えばホンダS660が今年になって発売された。

 

しかし当初は20代の若者向けの商品だったが実際は50代以上のシニアにバカ売れしているという。車に金が使えなくなっているならカーナビも内蔵型のものを付ける余裕も無くなるのかも。

スマホカーナビ

カーナビの値段

内蔵型カーナビの値段って20万から30万円くらいする。結構値段としては高い。でも、車の平均的な値段が300万円くらいと考えるとわずか僅かな誤差の金額だと思う。20万くらいにケチケチするなら車自体の購入を見送ったほうがいいwww

純正カーナビの機能がすごい

最近の純正内蔵型カーナビの機能はすごい。

 

車の機能と連携した最新式の物ばかりでめちゃくちゃハイテクになっている。またハンドル握りながら操作ができる点でもすごい。

 

一方、スマホのカーナビはわざわざ画面をタッチしなければならず操作に手間取るし運転中に触ると危ないね。それとスマホナビは画面が小さく、運転席から画面がよく見えないのも難点だ。

人待ちの時にテレビが見れない

内蔵型カーナビの良い点(後付けもそうだけど)、テレビやラジオが気軽にぱっと見れる所がいい。停車中に人待ちの時とかテレビを観て時間を潰せるのが内蔵型などの良い所だ。

 

一方スマホのワンセグ機能もあるといえばあるが、電波状況が異常に悪かったりバッテリー減りが尋常じゃなかったりして色々使えなかったりすることが多い。

道の無い所や空を飛べと指示するくそカーナビ

内蔵型カーナビが若者に人気じゃなくなったと思う理由に「過去の内蔵型カーナビが使えなさすぎた」というものがあるんじゃないか。

 

昔のカーナビは特にそうだけど「道が無い所を走れ」「崖の上を走れ」「海の中を走れ」などの指示を平気でしてきた。たぶんそういう昔のダメなカーナビの記憶が残っているか「高いわりにちょっと使えない」という価値観に侵されているのかも。

引用元

時代によって、自動車の「カーナビ」事情も変わりつつあるようだ。若い世代では「内蔵型のカーナビ」を使う人が減り、スマホで代用する人が3人に1人――こんな調査結果が、三井ダイレクト損害保険の「スマホとドライブに関するアンケート調査」(2015年8月10日公表)で明らかになった。

調査は、1ヵ月に1度以上車を運転する機会があり、スマホを持っている男女1000人を対象に、ウェブアンケートで実施。 ドライブの際にスマホを使うことがあるか聞いたところ、「よく使う」「たまに使う」を合わせた割合は57.3%。約6割が、ドライブの際にスマートフォンを使っている。

どのように使っているか、または使ってみたいか、複数回答で答えてもらったところ、最多は「地図検索」(61.1%)、次いで「周辺情報検索」(35.6%)、「音楽再生」(25.8%)となった。 スマホを「地図の検索」に使う人が最も多いとの結果だが、これに関連して「使っているカーナビ」の種類を聞いた結果では、「内蔵型」(61.3%)が最多に。年代別でみると、

「内蔵型」を使っている割合は若い人ほど少なく、年代が上がるにつれて高まる傾向にある。最も「内蔵型カーナビ」の使用割合が多いのは50代で65.5%、次いで40代(62.6%)、30代(59.1%)、最も低い20代では49.4%と、半数にとどまった。 20代は内蔵型カーナビを使う割合が少ない一方、「スマートフォン」「外付け型」と回答した割合が、どの世代よりも高い

運転を含め、多くのシーンでスマホを使いこなす若者が多いことも要因だろうが、内蔵型カーナビより圧倒的に安くすむのも大きな理由だろう。

外付け型の人気が高いのも、同じ理由かもしれない。「スマホをカーナビとして使っている」割合は、20代で34.8%と3人に1人以上、30代(26.9%)、40代(27.1%)、50代(24.1%)と、20代が最も高かった。「外付け型」も、20代(27%)では3割に迫っている。次いで30代(24.2%)、40代(19.1%)、50代(17.4%)の順で、若い世代ほど高かった。ちなみに、回答者全員に対し「おすすめする自動車関連アプリ」を尋ねた結果、1位は「グーグルマップ」、2位は「NAVITIME」、3位は「Yahoo! カーナビ」だった。(編集担当:北条かや)

情報源: EconomicNews(エコノミックニュース)