千葉県警が、紀州犬を拳銃で射殺

千葉県松戸市で飼い主の元から逃げ出していた紀州犬一匹を千葉県警が射殺した。

ソフトバンクの白い犬(北海道犬)

事件の概要は以下のようだ。

 

9月14日の深夜に犬にかまれたという女性からの110番通報があり千葉県警が犬を捜索。その後犬の飼い主の男性とともに紀州犬を発見。捕まえようとしたら警察官を襲おうと興奮した様子だった模様。そこで警察官3人で合計13発の拳銃を乱射してやっと撃ち殺したというもの。

なお射殺した現場は新京成みのり台駅付近の住宅街だった。

14日午前2時ごろ、千葉県松戸市日暮の路上で、同市に住むアルバイトの女性(23)が犬にかまれたとする110番通報が、一緒にいた友人の女性からあった。約30分後には同市稔台の路上で、同市に住む飼い主の男性(71)も襲われ、一緒に犬を捜索していた県警松戸署地域課の男性署員3人が拳銃計13発を発砲し犬を射殺した。

かまれた2人はそれぞれ左腕に軽傷。日暮では13日夜に10代後半の男性も犬に右腕をかまれて軽傷を負っており、同署は同じ犬にかまれたとみて調べている。 

同署によると、署員らは犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため発砲した。犬がひるまずなおも襲おうとしたため撃ち続けると、犬は13発目で倒れたという。同署は「拳銃の使用は妥当で適切だった」としている。

 同署と飼い主の男性によると、犬は7歳の雄の紀州犬で体長約120センチ、体重約21キロ。13日夜の被害が発覚し、署員が男性方を訪ねたところ、いなくなっていることが分かった。犬は普段、首輪とリードで住宅の敷地内につながれていたが、逃げた当時の状況は不明という。 

射殺した現場は新京成みのり台駅から東に約400メートルの閑静な住宅街。

情報源: 人襲った大型犬に拳銃13発射殺 千葉県警「使用は適正」 – 産経ニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

紀州犬の凶暴さ考察(閲覧注意)

紀州犬がイノシシを襲っている様子紀州犬がイノシシを漁で捕まえている様子

私の祖父の家は岐阜県の山奥にある。その地域ではいまだにイノシシ猟が行われている。で、そのイノシシ猟にてイノシシを追い込むのに紀州犬が使われているんだ。

 

なお上記の画像はネット上から拾ったものだ。この画像には紀州犬の気性が荒くてかなり攻撃的な部分が出ていると思う。イノシシさんご愁傷さまです。

射殺した現場は新京成みのり台駅の地図

警察官が13発も拳銃をぶっ放した場所は住宅街のど真ん中だ。

警察の拳銃

私の知り合いの元暴力団組員いわく、拳銃を射撃しても普段から調整をしていないと真っ直ぐ弾が飛ばないらしい。今回13発も打ったということはそれだけ命中しなかったということ。流れ弾に当たらずによかったね。これで拳銃使用が適正とはおかしいw

拳銃使用の根拠(警察官職務執行法7条)

拳銃使用の根拠条文はしっかり用意されている(当たり前)。紀州犬の凶暴さを考えるとそのまま素手で捕まえて捕獲するのは難しい。だから正当防衛の場合にあたるのかなと個人的に思う。

第7条 警察官は、犯人の逮捕若しくは逃走の防止、自己若しくは他人に対する防護又は公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる。

但し、刑法(明治40年法律第45号)第36条(正当防衛)若しくは同法第37条(緊急避難)に該当する場合又は左の各号の一に該当する場合を除いては、人に危害を与えてはならない。

情報源: 警察官職務執行法,(略)警職法

警察官職務執行法を受けた拳銃使用取り扱い規範が以下の模様。

第八条 警察官は、法第7条 ただし書に規定する場合には、相手に向けてけん銃を撃つことができる。
 前項の規定によりけん銃を撃つときは、相手以外の者に危害を及ぼし、又は損害を与えないよう、事態の急迫の程度、周囲の状況その他の事情に応じ、必要な注意を払わなければならない。