地方に住む20代の若者の生活

あるサイトに地方や田舎においての20代の若者の生活があまりにひどいという記事があり面白そうなのでピックアップ。

 

半分がニートで半分がフリーター、休日はイオンのフードコートで中高時代の思い出話にふける、聞いている曲が何故か未だにオレンジレンジである。スシローやコロナワールド、イオンに行くことが最大の娯楽であるなど。

 

このように色々と地方の実情はやばい。それで私は田舎暮らし否定だ。

 

以下では私(人口20万人弱の地方都市出身者)の地元の話を交えて地方の若者の実態や地方暮らしのデメリットなどを書いていこうと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ある東海地方の地方都市での話,子育てするなら絶対に都会

私はある地方都市出身者です。でも人口が20万人もあり、そこそこ県内では都会の方だ。ものすごくド田舎というわけではないが。都会(政令指定都市)に住む住民と比べると民度が低いなと思うことがしばしばある。

 

田舎に住むと近年ドンキホーテでしか見かけないようなDQNやマイルドヤンキーと同じ学校で机を並べることになる可能性が高い。彼らの世界観に染まると子供の教育に悪影響が出ると思う。

 

ルーキーズなどのヤンキー漫画の影響か知らないが「ヤンキー=実は人情味の溢れるいい奴」という構図が刷り込まれている気がする。

 

でも実際はヤンキーなんて陰湿だし、裏では「ヤーさん」と繋がっていたりなど裏社会の住人なのだ。あまり関わらない方がいい。

 

一方、都会もそういう人間がいるといえばいるが住む場所によってそういう人たちと遭遇する率を減らせるのがいいと思う。例えば「港区」という地名の所は学校が荒れているから住まないから別の区に移るという事が意外に容易だ。

中高生時代から世界が進歩していない

ずっと地方の片田舎に住み、一生を過ごすことも悪い考えではない。

 

でも私は嫌だなと思っている。片田舎から出たくない人は基本的に惰性で生きている連中が多いと思う。いい意味でも悪い意味でもバカで頭が悪い人たち。で、彼らの世界観は中高生時代で止まっているんだよな。

 

この間、私は地元の小学校の同窓会に呼ばれて行ってきた。小学校時代に仲良くしていた男の友人は中卒でとび職をやっている。彼の話を色々聞いて「住んでいる世界が違うな・・・」と感じショックだった思い出がある。その中卒のとび職の彼は年齢が分からなかったら中学生と話しているのかなと思うほど思考が幼稚で語彙も少なかった。地方で暮らすと情報や様々な刺激に触れることがなく暮らしてしまいこういう風になってしまうのかも。

田舎が暮らしやすいという謎の刷り込み

よくテレビ番組などで「田舎に泊まる」ことをネタにしている番組があり都会の人は田舎で住むことに憧れるかもしれない。

 

でも、実際に住んでみたらわかるが田舎って不便でめちゃくちゃ暮らしにくい。人と人との距離が近すぎてメンドクサイ。例えば誰がどこの会社に勤めているとかどういう車を持っている、嫁さんはどこ出身者、既に結婚しているか否かなどのプライベート情報はすべて把握されていると思った方がいいw

 

私は事情があって片田舎の実家に1か月ほど暮らしていたが、変な噂をされるから、うかうか外出もできなかったぞ。

車がないと引きこもるしかないという現実w

田舎の最大のデメリットは車が無いと移動の自由が著しく制限されることだ。

 

田舎は一人一台車を持つしか生活ができない。そして元ネタ記事にあるように年収も低い人が多いから軽自動車で溢れかえっている。

 

もうこれでもかというくらい軽自動車が走っている。

元ネタ記事

地方に住んでいる20代の現実が底辺過ぎるとのスレが2ちゃんで話題になっていました。 

 

 2ちゃんに書き込まれていたのは半分がニート・半分がフリーターなどと、ちょっと誇張しすぎな部分もありましたが…あながち言い過ぎではないよなって部分もあったのでピックアップ。

マイルドヤンキー論などで、地方・田舎の若者の状況が少し知られてきた感はありますが、まだまだ東京などの都市部に住んでいる人が知らない実態も多いと思われます。

そこで、地方の片田舎(県庁所在地ではない)に住んでいるわたし(アラサー)の知人・友人・同級生などの状況を少し紹介してみたいと思います。

まず地方の収入の低さ。地元に残っている人間で、キチッとした会社の正社員になっている知り合いがそもそも少ないってものあるんですが…30歳前後になっても月収30万円いけば神レベル。 

手取りが10万円台の知り合いも普通にいます。

コンビニバイトなんかは時給600円台ですし、なかなか悲惨です。 おまえどこの中学出身だ、との売り言葉絡んでくるDQN・ヤンキーみたいなのは、決まって出身中学を聞いてくる。 飲み屋のおねえちゃんとなんかも、出身中学や高校の話くらい。 仕事の話や意識高い系の話をしている人ってのは不思議と地方にはあんまりいませんねぇ。アムウェイとかマルチまがいをやっている人も多いけど、そちら方面とはかかわらないので…w彼らは意識高い系なのかも。

 イオンモールがあるところは田舎ではない休みの日はジャスコくらいしか行くとこないんだろ?と都会の方はいいますが…ジャスコ(やイオンモール)があるところは真の田舎とは言えない。

 買物する場所がないので、パチンコに通うかスマホゲーにはまるくらいしかなくなる。LINE使用率は高いけど、Twitterは少ない(実際にTL見ていてもツイッターやっている田舎の人は少なく感じる)。 流行は数年遅れてやってくるネットの普及などでだいぶ早くなってきましたが、それでも流行りは送れてやってきます。 

光回線よりも先にLTEが入ってきたって友人もいたなぁ…。 

真の底辺は徐々に友人付き合いも減っていくマイルドヤンキー論などでは、地元の仲間を大事にする田舎の若者たちって感じで語られていましたが…周囲が結婚しだすと、だんだん地元の友達とも合わなくなっていきます。何をするのかって?そりゃ、パチンコとスマホゲーです。 うん、田舎の悪いところばっかり書いたけど、なんだかんだで田舎・地元は好きな私。機会があれば、地方のいいところも書きます

情報源: ド田舎の実態 | キジトラ速報