この保険要らんだろう

電車内に防犯カメラをつけるとか,電車内の過密度を100%までに制限するとか色々やることが先にあるんじゃないかと思うぞ.東京の満員電車は完全に奴隷船だからなwww

痴漢と間違われることを恐れて満員電車では必ず両手を上げる、そんな中高年男性は多いだろう。しかしどんなに注意しても、もし疑われてしまったら……。そんな人のために発売され、話題を呼んでいるのが、通称「痴漢冤罪保険」である。

 ジャパン少額短期保険株式会社が9月10日に発売した「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」。いったいどんなものなのか、同社社長の杉本尚士氏が説明する。「保険というものは、社会生活で起こるあらゆるリスクに対応して商品化するものです。痴漢冤罪は毎日、満員電車で通勤するサラリーマンにとってまさに日常的に起こり得るリスク。

 この保険には、痴漢冤罪ヘルプコールというものがついています。男性が痴漢を疑われたとき、携帯電話やスマートフォンにあらかじめ登録しておけば、事件発生時に画面のボタンを押すだけで、登録弁護士の携帯電話やスマートフォンにメールが一斉発信され、弁護士と電話で相談できるという仕組みです」 

月額590円払えば、事件発生後48時間以内に限り、弁護士の相談料、接見費用は無料だという。痴漢冤罪における弁護士の役割について、アディーレ法律事務所の岩沙好幸・弁護士は語る。「痴漢容疑で逮捕されると、検察に送致されるまでの警察署での48時間が決め手です。このとき警察に対して取る対応によって、裁判にならずに済むかどうかが決まります。 

たとえばここで一部分だけでも認めてしまうと、あとでひっくり返すのは難しくなる。『結果的に手が当たってしまったのかも?』というような譲歩した言い方も危険です。冤罪なら警察に言質を取られるような物言いをしないよう、弁護士と早急に相談する必要があるのです」 

実際に対応が早かったことで、起訴を免れたケースもあるという。警察に言い分が認められず起訴され裁判になってしまうと、冤罪でも無罪を勝ち取ることは難しくなることは、「刑事事件で起訴されると有罪になる確率が99%」という事実が端的に示している。 

この保険は「発売から申し込みが殺到して、首都圏在住の方を中心に人気」(同社長)だという。満員電車に乗るために保険を払わねばならぬとは、ますますオヤジが生きづらい世の中である。

情報源: 月額590円「痴漢冤罪保険」に申込殺到 首都圏在住者に人気│NEWSポストセブン

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

痴漢冤罪保険がバカ売れしていることに対するネットの反応

痴漢に間違われてから弁護士呼ぶのはダメなの
いざ弁護士呼ぶ段階になってもなかなか見つからないからな
逮捕拘留されたら弁護士呼んでくれと警察官に一言いえば弁護士呼べるんじゃないのかな
むしろ個人よりも法人へ売り出して契約取った方が儲かりそうな気がするけどね
というかこんな保険を利用者に負担させている鉄道会社に問題があると思うけどね
女絡みのトラブルは全部保険にできるよな,青少年保護育成条例とかもそうだし

この保険入っているなら保険加入済みですよっていうバッジでも鞄からぶら下げておくといいかもな
この保険,本当に痴漢する人間が利用しそうで怖いな
この人チカンですの一言で人生終了するんだから本当に満員電車って怖いよな
ロードバイクで通勤しているワイは勝ち組や
刑事事件で起訴されると有罪になる確率が99%っていうのもおかしいよな
掛け捨てじゃなくて月額なのか高いなこれ

普段自転車で通勤して,悪天候時はタクシーを使用している俺には関係なかったな
弁護士もサラ金過払いで食えなくなってきたからこういう商売に走っているのかもしれないな
ドラレコつけて歩いた方がいいんじゃないのかな
はやく男性専用車両を作った方がいいと思うけどな
アディ―レの糞弁護士が対応するなら入る価値ないわ
警察がろくに捜査もせずに冤罪を作っているところが問題なのだけどな