怖い怖い

 

今後中年フリーターはもっと増えるだろうと思う.10年後には全労働人口の5割くらいに達していそうだな.中年フリーターが増えた理由はおそらく危機感を持って毎日生きれなかったからだと思う.

 

 親や教師に騙されてありのままの自分でいいのです,あなたは生きているだけで価値があるのですと吹き込まれた結果がこのザマなんだろうね

 

 

アルバイト、パート、派遣、請負など非正規労働者の増加が止まらない。平成元年(1989年)に817万人で全体の約2割だった非正規労働者は2014年に1962万人まで増加。全体の37%と4割近くに迫っている。

今や労働者の実に3人に1人が非正規だ。中でもこれから深刻な問題として顕在化してくるのが「中年フリーター」の問題だ。その中心は1990年代半ばから2000年代半ばに新卒として社会に出た「就職氷河期世代」の非正規労働者だ。氷河期最初の世代はすでに40代に突入。年齢的に正社員に就くのが困難であるだけでなく、体力の衰えとともに働けなくなってくる。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの尾畠未輝研究員の試算によると、35~54歳の非正規(女性は既婚者を除く)の数は2000年から増加、直近では273万人に上る。

親のためにUターンも派遣社員を転々「本当は正社員として働きたかった。安定した生活が保障された中で、自分の人生を設計したかったです。振り落とされないように必死になって、社会にしがみついている状態です」

兵庫県に暮らすAさん(42)は就職氷河期世代。工業高校を卒業後、大手流通企業に正社員として就職したものの、家庭の事情から非正規労働者になり、職を転々。今はセールなどの掘り出し物を見つけてはネットオークションで売りさばき、生計を立てている。

週刊東洋経済10月17日号(10日発売)の特集は『絶望の非正規』です。今や労働者の3分の1を占めるまでに膨らんだ非正規労働者の問題を全40ページで追いました。

Aさんの人生が狂いだしたのは1996年、23歳のとき。母親の面倒を見るために兵庫に帰郷し、派遣会社社員として大手メーカーの系列会社で働き出した。

情報源: 「中年フリーター」のあまりにも残酷な現実 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

中年フリーター激増に関するネットの反応

 

語学や特殊技能を身に付けられなかったのはその人の責任だから同情できない
怠慢な奴は無視でいい,それが資本主義社会だから
そのうち中年フリーターがナマポを大量に受給するようになるんだろうね
2chでこの手のスレッドが伸びるのはネラーが底辺の集まりだからだよな
なんだかんだ公務員が一番の安定勝ち組だね

知り合いの国家公務員がBMW乗っていたのを見た
ブラック企業と搾取で日本経済は成り立っているんだよな
非正規40で全財産株に突っ込んだらアベノミクス効果でめちゃくちゃ儲かった.
声優養成所の職員やっているけど,生徒がコミュ障,資格技能無しのどうしようもないフリーター候補の連中ばかり
そういえばプログラマーはめちゃくちゃ不足しているからな,まだ若い人でフリーターの人はなればいいよ

本人が良ければそれでいいんじゃない,自業自得
この中年フリーターの世代はいまさら正社員になっても結婚は100%無理だな
わいは無職の42歳だけど家賃収入で悠々自適に暮らしているぞ
なんだかんだ自営業で成功するのが一番うまい気がするね
学校がありのままの自分でいいとか教えたからなwwwwそしてその結果がこのザマ
中年フリーターになる奴は真面目だけど勉強できなかった真面目系クズばかりやろな,ヤンキー系はブルーカラー系で上手くいっている連中が多い
日本は今後社会保障や社会福祉は全くなくなるからね…
中年フリーターが激増したら税収も減るんやろうな