江川卓の高校時代に怪物ぶり

昭和の怪物「江川卓」は高校時代が全盛期だと一般的に言われている。

噂では作新学院のエースとした活躍した高校時代に「球速は160キロ」を超えていたと言われる。

でもこれは都市伝説でただのガセネタだろうと考えている。

ところで、江川卓は高校時代の防御率は0.41でほとんど打たれていない。

また1球投げるごとにどよめきが起こったそうだ。

プロ野球・巨人時代

うーむ、江川の高校時代にはスピードガンという球速を測るものがないからななんとも言えないな。

一方、巨人時代には球速を図る機械があったようで。

2番目の動画を観ると「137から144くらい」と表示されている。

おそらく、球速よりも球威や玉の伸び、回転数で実際の速度よりも速く見えたのだろう。

ソース記事還暦迎えた元祖“怪物”…今だから話せる「江川騒動」(2)-元・名物番記者が語るプロ野球ちょっと裏話- (ベースボールキング) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2chの反応など

・相変わらず過去の名投手のスピードって盛られる傾向にある

・中一のスポーツテストで遠投110M出したらしいで

・全盛期の藤川球児に似ているな、あの球がホップする感じが

・全盛期でも150出ているか出ていないかだろうw

・藤川球児と同じで豪速球だから打てないんじゃなくてストレート回転とその伸びだよ

・上原の同じくで、回転が凄いから球速が落ちずにホップするんだよ、だから速く見える

・江川のピークは高校時代ではなくプロ入団後の82年くらいだろうと

・ストレートとカーブと球威だけで押し切れた数少ない天才

・野球留学をしていたアメリカでは普通にノックアウトされていた記憶が

・藤川のストレート150がクルーンのストレート160より速く見えたのと同じや

・江川は初代ファミスタではあまり速くなかった

・ゆったりしたフォームに似合わないスピードボールだったというのも原因かと

・ストライク先行のピッチングで見ていてすごく気持ちよかった、絵面も良かったし

・江川は高校時代にキャッチャーが取れないからという理由で本気で投げていなかったみたい

・球速よりも回転数があると速く見えるという理解でOK?

・江川は手が小さいからストレートとカーブしか投げれなかった疑惑が、晩年はスライダーも少し投げたみたいだが

・スピードガンの無い時代の方がロマンがあったで

・プロ9年で135勝したというのも十分に凄いし、今でいう松坂大輔くらいの実力はあった

・江川より堀内の方がすごいで、ノーヒットノーランして三打席連続ホームランで200勝やろ