ざっくり言うと・・・

○義援金詐欺で有名な歌手の「ガクト」さんがAKB商法をやる秋元康をほぼ名指しして批判している。

○ガクトは最近の音楽業界の現状を嘆いているようだ。

○ガクト「特典目当てに同じCDを何枚も買う、そして大量に廃棄される、これでは音楽業界がダメになってしまう」と述べている。

○これに対してネット上では「正論だ」「単なる僻み?」という声がきかれる。

ガクトの義援金詐欺とは?

東日本の震災の際に、まっさきに募金活動を始めたが、その集めたお金は韓国系のゲーム会社に送金されていた。

そして、送金されたお金のかなりの部分が行方不明になっている。

震災後、被災者支援の基金を設立し、義援金を募る口座を開いた。

 しかし、当初は彼がCMキャラクターを務める韓国のオンラインゲーム会社の口座を借り、そこにお金を集めていた。

途中からこれが日本の銀行に切り替わり、そこに振り込まれた分の約2億円は日本赤十字社に寄付された。

しかし、その前に集められたお金が消えて、行方が分からなくなっているという疑惑がある。

情報源: 【GACKT(ガクト)】本名も嘘?身長詐称?疑惑だらけの男 – NAVER まとめ

ガクトの在日説

ガクトは在日だろうと考えている。ガクトはキムチが大好きで韓国語がペラペラだ。しかも、在日3世のICONIQさんと交際していた。

ICONIQさんは絶対に日本人とは交際しないと明言していた。

管理人の反応

管理人はガクトの意見に賛成だ。

秋元康が考案したAKB商法、特典商法、ビックリマンチョコ商法は音楽業界の質を下げていると思っている。

確かにAKB系統でも名曲と呼ばれるメロディーラインが綺麗な曲も多少はある。

そういう点は評価している。

でも、5年後や10年後その曲が語り継がれるかと言われたらかなり疑問だ。

片思いの男の心情を歌った途中でマイナー調が入ったアップテンポな曲ばかり。

大量作成できて大量消費され、とりあえず「売れればいい」というスタンスが秋元康のやり方なのかなと。

ところで今はデジタル化の時代だしそもそもCD自体不要だったりする。音楽を端末からDLすれば音楽が聴ける時代だ。

でも、CDというものに拘っているのは音楽業界の大人の事情があるのかな。CDの入れ物を作っている工場や会社は完全にデジタル化したら廃業するだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの反応

ガクトに同意する。本当に曲や歌詞がものは特典を付けなくても売れるんだよね。
本当に良いアーティストは年月が経って、アルバムが中古になっても値段が中々下がらない。
こういう特典商法はもうなんだか、会社が延命するためにやっている感じがするね。
義援金で集めた金の使い道を明朗にしなければ慈善文化そのものが崩壊すると言ってやりたいw
AKB商法で得するのは音楽業界の既得権じゃだけじゃない?10年後ファンはゴミみたいなCDを買うために金を使ったことを公開するだろう。ヒットチャートは崩壊するし、元AKBのゴミみたいなタレントを大量に生み出す。
AKB商法の怖いとこは、売れたからイコール人気があるとは限らない所だな、まゆゆの「書店ガール」など知名度無さ過ぎて惨敗だったしw
フェラーリ買いたくて義援金をピンハネした詐欺師のガクトが音楽業界のご意見番ですか?
まあ正論だけど、ガクトくらいのレベルの人間が言っても負け惜しみにしか聞こえない。ポールマッカートニークラスの大物が発言しているならともかく。
滋賀県出身の京都学園大学中退のガクトさん。
特典付けないと末端のCD屋さんの経営が危なくなるんだよね。
握手会が主でCDがオマケっていうものなんだかおかしいね。

ソース記事

GACKT:そう、実際にその場でお客さんが“音を使っている”わけだから。特典が欲しくてCDを何枚も一人で買って、CDを破棄する……それはミュージシャンとしての正しい在り方なのか?と問いたい。そんなことをすればするほど間違いなく音楽がダメになるし、損失のほうが大きい。本来はやってはならないことだよ。

GACKT 豪華DJ陣によるリミックス・アルバム完成 「好きなようにやってくれ!」/インタビュー2 – エキサイトミュージック(2/4)