飯田里穂ソロデビュー

ラブライブの声優飯田里穂(りっぴー)さん。今度ソロデビューをするそうでその意気込みを語っている記事を発見したので今回は飯田里穂さんをピックアップ。

 

その記事内容の詳細はともかく、飯田里穂さんって子役時代からずっと芸能界にいるらしい。天才テレビ君に出ていたとか。中々の苦労人だなという印象。画像を探しているとソフマップでグラビア写真集の営業をしていたりなんだが涙ぐましい苦労があったんだなと推測されるw最近ラブライブでやっと芽が出てきて嬉しい限り。

 

さて飯田里穂さんの魅力といえば清潔感がある美人でしかもスタイルが完璧という所だろう。ということで今回彼女の魅力を知ってもらいたいということで可愛い画像約30枚をまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

飯田里穂のプロフィール

飯田里穂 [イイダリホ] 

NHK教育「天才てれびくん」出身のグラビアアイドル

1991年10月26日うまれ

・B型

・埼玉県出身

放映新社所属

愛称「りっぴー」

情報源: 飯田里穂とは (イイダリホとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

飯田里穂の可愛い画像集

胡坐をかいている飯田里穂ミューズの公演中の飯田里穂赤いチェックのワンピースを着ている飯田里穂ソファーに座っている飯田里穂ミューズの楽屋に到着した飯田里穂黒髪の飯田里穂ロングヘアーで縞々の服を着ている飯田里穂お団子ヘアーの飯田里穂ボブヘアーが可愛い飯田里穂飯田里穂の中学生時代三森すずこと飯田里穂高校生時代の飯田里穂ニット帽を被ってお菓子を食べている飯田里穂白いシャツを着ている飯田里穂手で輪っかを作っている飯田里穂ソフマップに出ていた時代の飯田里穂水色の浴衣を着ている飯田里穂メイド姿の飯田里穂革ジャンを着ているロックな感じの飯田里穂清楚な感じの飯田里穂頭に青いバンダナを巻いた飯田里穂飯田里穂のイケていない時代アルフォードに乗っている飯田里穂私服姿の飯田里穂飯田里穂の自撮り天才テレビ君時代の飯田里穂車の運転をしている飯田里穂黒いハットを被っている飯田里穂大学の卒業式で袴を着ている飯田里穂ミューズの時の衣装を着ている飯田里穂頭に白いリボンを付けている飯田里穂

元ネタ記事

アニメ『ラブライブ!』の星空凛役で人気の“りっぴー”こと飯田里穂が、7月29日にメジャーデビューアルバム『rippi-rippi』をリリースする(日本・台湾同時発売)。アルバムには飯田も在籍する『ラブライブ!』μ’sのメンバーでもある南條愛乃が作詞で参加しているほか、飯田自身も収録曲「7月29日」の作詞を担当。μ’sをはじめとしたこれまでの飯田の音楽活動とはまた違った、新しい飯田の魅力に触れられる内容となっている。

 すでに収録曲の「始まりたいカノン」のMVも公開され、11月15日には初のワンマンライブ「rippi-rippi-rippi」(新宿ReNY)を控える飯田。今回はアルバムの聴きどころや、今後の飯田の音楽活動などについて、あらためて思いを聞かせてもらった。――メジャーデビューおめでとうございます。

飯田里穂(以下、飯田):ありがとうございます!――飯田さんは幼い頃から『天才てれびくん』(NHK教育)に出演していたり、ここ数年も『ラブライブ!』の星空凛役で人気を博していて、今作がメジャーデビューというのは意外な気もしました。アルバムタイトルは飯田さんの愛称をもじった『rippi-rippi』ですが、ここにはどんな願いや思いが込められているのでしょう?

飯田:最初は「『rippi』でどうだ」と話をもらって、その時はしこりを残しつつも、「はい!」ってことになっていたんですけど、どうしてもこのしこりが消えなくて、『rippi-rippi』と、“りっぴー”を2つ付けさせてくれないかと自分から後々お願いさせてもらったんです。なんか『rippi』だけだと、わたしの成分が少ないような気がして(笑)。――『rippi』の2倍ということなんですか?

飯田:ちょっとこだわりがあるんですけど、このアルバムってわたしにとって、もう一人の飯田里穂、新しい飯田里穂を見てもらいたいという意味がすごく込められているんです。みなさんの中にはきっと、これまでの飯田里穂だけを見て思い浮かべたイメージが漠然とあると思うんですけど、そのイメージをこのアルバムで、いい意味で脱いで取っ払って、新たな飯田里穂の魅力を見せて、みなさんを魅了していきたいという思いが強かったんです。飯田里穂の“りっぴー”成分が2倍だよっていう意味も込められているし、なおかつ“りっぴー”ともう一人の“りっぴー”だよという意味も込めて、『rippi-rippi』にさせていただいたんです。――じゃあ、11月15日の初のワンマンライブ「rippi-rippi-rippi」は、“りっぴー”成分が3倍ということですね。

飯田:そうなんです! まさに、わたしの成分が3倍増しみたいなライブにしようと思っているからなんです(笑)。飯田里穂メジャーデビューアルバム『rippi-rippi』初回限定盤A――新しい飯田里穂にこだわった理由はなんですか?

飯田:いろいろとお仕事をさせていただく中で、わたしもイメージというものがいい意味でついてしまって、そこからステップアップしたいなという気持ちが強くあったんです。いろんな役やキャラクターを演じているわたしもいいけれど、背伸びもしない、ありのままの等身大のわたしも見てもらいたいって。今回、アルバムを出すにあたって、レコード会社さんもそれは同じ考えだったんです。――等身大な自分を見せる意味でも、今回のアルバムには飯田さんのアイデアがたくさん入っているということですか?

飯田:もちろん、楽曲は頂いたものなんですけど、最初に仮歌も仮メロも入っていない状態の音源を何曲か頂いて、その中から表題曲(リード曲)を決めたいとなった時にわたし自身で、3曲くらい自分で選んだりしました。どうしても自分の納得のいくものを作りたいという気持ちがあって。――歌はキャラソンなどでも歌ってらっしゃいますが、もともと好きだったのですか?

飯田:好きでした。小さい頃から歌うことって本当に素敵だなって。歌の中のメッセージを伝えたり、みんなの感情が歌を通じてひとつになるとか、わたしがそれまでやってきた演技やバラエティや声のお仕事とまた違った表現方法、アプローチの仕方で、これはすごいことだなってずっと思っていたんです。――小さい頃からというと『天才てれびくん』の頃から、そんなふうに感じていたということなんですね。

飯田:もちろん。『天てれ』の頃から、歌うコーナーもあって、歌には取り組んでいましたし、そこで歌を歌うためにレッスンとかしたりするのもすごく楽しかったんです

情報源: 『ラブライブ!』星空凛でおなじみ飯田里穂ソロデビュー記念インタビュー「いつか大宮ソニックシティでコンサートを」|おたぽる