劇団員の加賀谷理沙さん殺人事件の続報

全裸遺体で発見された中野区の劇団員の加賀谷理沙さん。

 

殺害の一か月前に近所の路上で男性と口論になっていた様子を住民に目撃されている。加賀谷さんは「無理なの私、殺される」と夜中にわめていたようだ。

居酒屋で食事をする加賀谷理沙さん

後述のように知人のDNAと加賀谷さんの身体から発見された唾液のDNAは一致していないという情報がある。だから、単に劇団のセリフの練習をしていた可能性もあるんじゃないかなと考えている。

 

彼氏にDVされてという線は可能性として低いと思う。

 

なお、加賀谷さんは男関係はかなり派手だったらしく彼氏が何人もいたという情報もある。だから複数人いる彼氏の情報を警察がすべて捜査できていない可能性もある。だから知人が犯人の線もまだまだ消えていないと思う。

東京都中野区のマンション一室で、アルバイト店員で劇団員の加賀谷理沙さん(25)の遺体が見つかった殺人事件で、加賀谷さんとみられる女性が7月中旬、自宅近くの路上で男性とトラブルになっていたことが30日、分かった。

 事件現場近くに住む住民は先月中旬ごろの午前1時過ぎ、自宅前の路上で争う男女の声を聞いた。男性は「リサ、話を聞いてくれよ。頼むからリサ」と「リサ」という名前を何度も口にしていたという。

 住民は「女性は泣いていて『もう無理。あなたは大好きだし、一緒に住みたいけど、無理なの。私怖いの。私あなたに殺される』ってわめくように言っていた」と話した。男性の方は「冷静な声で『なんで俺がリサのこと殺さなきゃいけないんだよ』と」。住民は何かあったら通報しようと様子をうかがっていた。

 口論の中で、女性は「あんたのことは宮城の親も知ってるんだからね」と話していたという。事件後の報道で加賀谷さんが宮城出身と知った住民は「あの女性が加賀谷さんかもしれない」と思い、28日に警視庁に情報提供したという。

 住民によると、最初は男女の他に別の男性が1人、仲裁していた。その男性が「変なことするなよ」と言い残して立ち去ると、残った男性が女性の携帯電話を取り上げたように見えたという。「女性は『やめてよ。返してよ』と訴え、その後、立ち去ろうとして『痛い! やめてよ』と言っていた」。口論は2時間半ほど続いた。最後は2人が近くの公園に入り、静かになったため、住民は通報しなかった。

 加賀谷さんは今月26日夜、自宅マンションで遺体で発見された。捜査本部は、何らかのトラブルに巻き込まれていなかったか関係者から事情を聴いている

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000068-nksports-soci

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知人のDNAを検査したが不一致

加賀谷理沙の身体から唾液や皮膚片が発見された。加賀谷さんの知人のDNAを検査したが皮膚片と一致しなかったという情報がある。

 

警察は知人以外の人間の犯行も視野に入れて捜査している。2chでは加賀谷さんのマンションの階下の住人が怪しいという人が多かった。

加賀谷理沙のマンションの下の階の住人

東京都中野区のマンションで住人のアルバイト店員加賀谷理沙さん(25)が殺害された事件で、遺体の口や手から男のDNAが採取されていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。
 加賀谷さんの周辺関係者から任意で採取したDNA型とは一致せず、警視庁中野署捜査本部は面識がない男による犯行の可能性も視野に捜査している。
 捜査本部によると、加賀谷さんは26日午後10時ごろ、自宅玄関付近で衣服を身に着けず、あおむけに倒れ死亡しているのを同庁中野署員に発見された。死因は首をひも状のもので絞められた窒息死だった。当初は現場の状況などから、加賀谷さんと親しい人物が関わった可能性が高いとみられていた。
 捜査関係者によると、遺体の口などからは唾液のようなものが、爪からは皮膚片が採取された。鑑定の結果、それぞれのDNA型は同じ男のものと判明。しかし、これまでに捜査本部が任意で事情を聴いていた周辺関係者とはいずれも一致していないという。警察庁のDNA型データベースにも合致するものはなかった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000027-jij-soci&pos=1