金沢たいら君が琵琶湖で溺れて死亡

滋賀県長浜市の漁港で2015年7月ごろ、金沢たいら君(16歳)が仲間の少年3人に湖に突き落とされて溺死した。

金澤たいら君の顔写真金沢たいら君死亡現場

加害少年らはとび職の少年が2人、アルバイトの少年が一人という構成だ。いずれも年齢は18歳。なお、金澤たいら君は定時制高校に通う高校生の少年だ。

7月に滋賀県長浜市の漁港で同市の男子高校生が溺死した事故で、この生徒の母親が「全く泳げない子だった」と証言していることが18日、母親への取材で分かった。長浜署などは同日、生徒を琵琶湖に突き落とし死亡させたとして、傷害致死の疑いで、同市のとび職の少年2人とアルバイト作業員の少年=いずれも(18)=を逮捕した。

同署は3人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、共謀し7月10日昼ごろ、長浜市港町の大島漁港で、同市加納町の県立定時制高校生金澤泰良(たいら)君(16)の体を押して港内の突堤から約1・5メートル下の湖面に転落させ、死亡させた疑い。

情報源: 突き落とされた高校生泳げず 琵琶湖溺死で母証言 : 京都新聞

スポンサーリンク

スポンサーリンク

金沢たいら君が溺死した港周辺、犯行現場周辺の状況

長浜市の漁港の様子1金沢たいら君溺死現場付近1

金沢たいら君と一緒にいた少年らの供述の変遷

事件の当日付近、加害少年らは「金沢君が一人で琵琶湖に飛び込んだ。しかし、溺れてしまい助けようとしたが助けれずやむなく119番通報した」と述べていた。

金澤たいら君のツイッター

しかし、犯行現場周辺で犯行を目撃していた釣り客の証言は「加害少年らが突き落とした」というものだった。また、金沢君の母親も息子は泳げなかったと述べている。

同署によると、少年らは事故の当日、金澤君が港の突堤から1人で湖面に飛び込み溺れたため、助けようとしたが見つからず119番した、と話した。

しかし、当時現場にいた釣り客らの目撃証言と食い違うことから、事故と事件の両面で捜査していた。金澤君が泳げないことを事前に知っていたかなどを慎重に調べている。

 金澤君の母親(44)は取材に対し、「全く泳げない子だった。1人が中学の先輩で、電話で誘われたようだが3人とは遊び仲間ではなかった」と話している。

情報源: 突き落とされた高校生泳げず 琵琶湖溺死で母証言 : 京都新聞

なお、当初の通報内容の詳細を補足すると以下の通り。あくまで金沢たいら君が一人で飛び込んだと加害少年らはウソをついていた模様。

10日午後1時35分ごろ、滋賀県長浜市港町の大島漁港で同市内の男子高校生(16)がおぼれたと、一緒にいた友人から119番があった。

 同署によると、死亡したのは滋賀県内の定時制高校の生徒。市内の友人3人=いずれも(18)=と同漁港に遊びに来て、港内の突堤から約1・5メートル下の湖面に1人で飛び込んだという。生徒がおぼれたのを見て、友人たちが助けようとしたが、見つからなかったという。

情報源: 高校生、琵琶湖でおぼれ死亡 滋賀・長浜の漁港 : 京都新聞

金沢たいら君を突き落とした加害少年の詳しい供述

加害少年3人は金沢たいら君を「水にはめたろか」と突き落とすことを事前に共謀していたかのような供述を警察にしているという。

金沢たいら君の死亡現場2

7月に滋賀県長浜市の漁港で同市の男子高校生が琵琶湖に突き落とされ溺死したとされる事件で、傷害致死容疑で滋賀県警に逮捕された少年3人=いずれも(18)=のうち1人が、「現場で仲間の1人が(生徒を水に)はめたろかと言った」との趣旨を供述していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 県警は、直前に琵琶湖に落とす話が持ち上がり実行した可能性もあるとみて、事実確認を進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00000004-kyt-l25