韓国で売春婦がデモを行う

韓国ソウルで売春婦たち800人がデモを行った。

韓国人売春婦たちがマスクをつけてデモをしている様子

売春婦たちの主張内容は以下のようだ。

1、売春禁止法の罰則強化で自分たちの商売ができなくなる、生存権が脅かされるから禁止法を廃止しろ。

2、売春婦たちは労働者だ、社会福祉の対象にしろというもの。

プラカードを掲げて行進する韓国人売春婦

マスクやサングラス、帽子で覆面をしてソウル市内を練り歩いたようだ。

韓国・ソウルの中心部で23日、性風俗産業に従事する女性ら約800人が、売春業者の罰則強化を柱とする売春禁止特別法の廃止を求め集会を開いた。 

女性らは同法が生存権を脅かし、性的自己決定権を侵害していると憲法裁判所に違憲確認を求め、年内にも結論が出る可能性がある。

ことし8月には国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが合意に基づく売春の処罰に反対姿勢を打ち出し、韓国政府の締め付けは不当だと主張する女性らは勢いづいている。

 23日は2004年の同特別法施行から11年に当たる。サングラスやマスクで顔を覆った女性らは「特別法を廃止して私たちを労働者と認め、社会福祉の対象に含めよ」と訴え、デモ行進した。

 韓国では以前から売春は禁じられていたが、各地に売春街があった。業者の処罰強化と女性の保護をも目的にした特別法の施行後、警察が「浄化作戦」を続けた。

情報源: 「労働者として認めろ!」 韓国で売春禁止法廃止求める集会 – 産経ニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

韓国内での売春禁止法とは

韓国内では最近、売春禁止法にて「性を売る方」だけでなく「買う方」の罰則が強化されたようだ。

逮捕された韓国人売春婦

買春側の罰則強化で自分たちを買ってくれる人が減り生活が苦しくなる、自分たちの生存権が脅かされるという論理のようだ。

性売買特別法(せいばいばいとくべつほう、ソンメメトクビョルボプ)とは、大韓民国の法律である。

盧武鉉政権は2004年5月、大韓民国の性売買を根絶するために既存の淪落行為等防止法(ko:윤락행위 등 방지법)を改善して「性売買斡旋等行為の処罰に関する法律」と「性売買防止及び被害者保護等に関する法律」(一名「性売買特別法」)を制定した。

淪落防止法に比べて、性売買特別法は「淪落」という単語の代わりに「性売買」という単語を通じて、性売買行為を倫理的観点ではなく、性が金で取引されること自体に注目しようとした。

また、既存の淪落防止法では淪落業に携わる女性たちにも責任を問うたが、性売買特別法ではそんな内容が大幅に消えた。性売買が不法という認識下に、性売買斡旋者と買受者(買春者)が皆処罰される。

情報源: 性売買特別法 – Wikipedia

過去に起こった韓国内での売春婦によるデモの様子がヒドイwwww

実は韓国国内では年に5回ほど売春婦によるこのようなデモが起こっている。その中でもかなり過激なものが以下のデモだ。

 

身体に赤いペイントをして白塗りをした売春婦がソウル市内で暴れている様子がうかがえるw

座り込んで泣いている韓国人売春婦デモをしている韓国人売春婦警察に確保される韓国人売春婦危害を加えている韓国人売春婦暴れている漢人売春婦ポリタンクから水をまき散らしている韓国人売春婦韓国の売春婦デモで白装束を着て歩いている売春婦たち韓国の売春婦デモで白塗りをしている様子