1、元KARAジヨン(知英)が日本人役に挑戦

元KARAのジヨン(知英)がドラマ「民王」で初めて日本人役に挑戦する。

知英さんはKARAを脱退した後は活動拠点を日本に移している。

知英といえば実写版地獄先生ぬ~べで有名になったイメージがある。

その評価は後述する。

生年月日 1994年1月18日

年齢   21歳

出身地  韓国京畿道坡州市

血液型  O型

職業   女優、歌手

所属   スウィートパワー

本名   カン・ジヨン(姜知英:강지영)

趣味   美味しいものを食べること、ジムに行く、映画鑑賞

学歴   舞鶴女子高等学校(京都ではありません)、成均館大学校演技芸術学科

情報源: 知英(ジヨン)のkara脱退理由と来日はなぜ?女優としての評判

ところで、管理人はこのジヨンさんが韓国芸能界を捨てて日本に活動拠点を移したことが単純に凄いと思っている。

韓国は反日国家だろうし、韓国を捨てたとなると帰国したときに何されるかわからないぞw

話は変わりますが、下記ではジヨンさんの「地獄先生ぬ~べ」での演技の評価や熱愛疑惑の真相、日本人役をやることに対しての日本のネットの反応を書きます。

女優として活躍するジヨンさんですが、主な出演作品はコチラです♪

【テレビドラマ】(2012年)・恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜 ※主演

日韓合作ドラマ(2014年)・地獄先生ぬ〜べ〜 ゆきめ(雪女)役・ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル(2014年)長見薫子 役

情報源: 知英(ジヨン)のkara脱退理由と来日はなぜ?女優としての評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2、地獄先生ぬ~べのゆきめ役の評価

 

演技の評価の前にちょっと気になる情報を見つけてしまった。

何故か「ぬ~べ」の公開にあたって、こういう心無いデマがあったみたいだね。

用意した衣装が嫌だったから「チマチョゴリ」を着たいと言ったというデマらしい。

知英ちゃんは極めて親日家であって「竹島」に関しても日本に配慮して自身の考えを公にしていない。

朝から「暗さつ教室」観てきた(♡´艸`)めっちゃ面白かった〜ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ ジヨンちゃんの日本語がぬ〜べの時と比べて、すっごくキレイな発音になってた(*´ω`*)山田くんって演技上手いよなぁ〜♪最後ニノの名前が出た瞬間の周囲の反応が面白かった(o´罒`o) — ★ゆず☆유즈★ (@ananyuzudayo) 2015, 3月 22

さて「ぬ~べ」の評価だ。

知英ちゃんは日本が不自由だったみたいでw

発音がややおかしい点が多かったが、演技は概ね良かったという意見が多数あった。

何故この配役なんだという批判的な意見も一部あった。

でも女優は自分で配役を選べるわけじゃないからな・・・・制作Pに文句言うしかない。

3、熱愛疑惑の真相

知英ちゃんと言えば「超新星のゴニル」と熱愛の噂があった。

でも、確固たる証拠がないのので「おそらくデマの可能性が高い」。

4、掲示板の反応

BOAとかユンソナみたいに、知英ちゃんは韓国事務所と契約していない。日本の事務所と契約しているだね。完全に韓国を捨てているw
AKBやジャニより日本語のセリフ読みは上手いと思う。
韓国の大河ドラマに日本人役をした韓国人は大勢いる。
親日なら応援するぞ、頑張れ!!
韓国は船長が真っ先に逃げ出す国民性だw
相当な覚悟だな、もう日本に帰化しろw
韓国人でも日本人が好きなら受け入れてやろう、この子竹島問題でも口をつぐんで話さなかった子でしょ?
日本の芸能界に入るくらいならアメリカに行った方が幸せになれるかもね。
堀北真希、桐谷美玲、メイサあたりも在日疑惑があったよね。
漢字上手すぎだね、相当勉強したんだろうな・・・。
広瀬すずより全然いいぞ!!
在日は日本人とも韓国人とも相容れぬw

5、ソース記事(抜粋)

2014年に韓国の人気ガールズグループ「KARA」を脱退した女優・知英(21)がテレビ朝日系連続ドラマ「民王(たみおう)」(24日スタート、金曜、後11・15、一部地域を除く)で初の日本人役に挑戦している。

 日本に住み始めてから約1年が経ち、日本語はメキメキと上達。考えるときの言語も日本語になったという知英が日本で見つけた“彼氏”との同居生活や「日本の活動が広がる」と大きな挑戦となるドラマへの意気込みを語った。

日本での女優業本格始動から約1年。知英が新境地を開拓する。

「プレッシャーがすごくあって、自分ができるかなという心配がいっぱいあった。過去に日本人役をやった韓国人はいないと思う。大きなチャレンジ。自分にとって大切な作品になる」

知英はこれまで、日本テレビ系ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」で雪女役、映画「暗さつ教室」では外国人役を演じた。

単発ドラマ「ヒガンバナ 女たちの犯罪ファイル」も帰国子女役だった。

 今回は「半沢直樹」などで人気の作家・池井戸潤氏(52)原作の政治コメディー。総理大臣の父・遠藤憲一(54)と大学生の息子の翔役・菅田将暉(22)の体が入れ替わるドラマで、知英は重要な鍵を握る、翔の同級生となる美女・村野エリカ役を熱演する。

ドラマの台本は漢字が多く、スタッフに読み聞かせてもらい理解した。一番の苦労は「イントネーション」。

母音ひとつひとつを細かく練習しているといい、「韓国語、英語と違い日本語はべたっとして難しい」という。

情報源: 元KARAの知英 初の日本人役に挑戦「過去に日本人役をやった韓国人はいないと思う」 – ネタりか