川崎の老人ホーム,sアミーユ川崎幸町では日常的に暴行が行われていた。

川崎市で起こった3人の老人が立て続けに老人ホームのベランダから転落死する事件。老人ホームSアミーユ川崎幸町では転落死事件以外でも日常的に入居者への暴行が行われていたという。

川崎の老人ホームで職員が老人を虐待している様子

入居者の家族が隠しカメラで撮影した映像によると職員が「死ね」と暴言を吐いたり入居者の頭を叩く、入居者の食事を勝手に食べるという行動があったという。入居者の家族は刑事告訴を検討している。

神奈川県川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が転落死した問題で、この老人ホームでは、転落死以外にも職員が入居者に虐待していたことが確認されているが、その虐待の様子を捉えた映像を入居者の家族が公開し、被害を訴えた。

 女性職員「椅子に座りなさいよ!何回やればいいの!」
 入居者「ああ…ああ…ああ」「ああ…危ないよ…死んじゃうよ…ああ…死んじゃうよ…何でそういうこと。ああ…」

 この映像は、今年6月に入居者の家族が撮影したもので、職員が入居者の女性の首を絞めたり、女性をベッドに放り投げたり、頭をたたいたりする様子が映っている。

 虐待を受けた女性の家族「あんまりひどいことされたので。暴力ですからね」「毎日のように1日とか、たまに1回とかじゃないんです」

 家族からの訴えを受けて川崎市は6月と7月に監査を行い、職員4人が入居者に対し、「死ね」と暴言を吐く、頭をたたく、入居者の食事を勝手に食べる、などの事実を確認したという。

 家族は今後、刑事告訴することも検討しているという。http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150909-00000049-nnn-soci

スポンサーリンク

スポンサーリンク

転落したベランダに踏み台はなく突き落とされた可能性も

3人のお年寄りが転落したベランダにはなんら踏み台が無く、介護状態の老人がその柵を乗り越えるのは不可能だったようだ。

川崎老人ホームの転落死事件でベランダに踏み台は無かったという証言があったことに関して

Sアミーユでは日常的に虐待暴行が行われていたことから職員が突き落とした可能性も否定できない。

神奈川県川崎市の老人ホームで入所者3人が転落死した問題で、転落死した1人の女性は足腰が弱っていたにもかかわらず、ベランダには踏み台になるようなものがなかったことがわかった。 

川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」では、高齢の男女3人が去年11月から12月にかけて相次いで転落死している。

 このうち3番目に転落した96歳の女性は、身長140センチ台で足腰も弱く、高さ120センチのベランダの手すりを自力で越えるのは難しい状態だったが、ベランダには踏み台になるようなものがなかったことが関係者への取材で新たにわかった。 警察は事件と事故の両面で慎重に調べている。

情報源: ベランダに踏み台なし 川崎連続転落死|日テレNEWS24

転落死する直前に男の職員と入居者の女性の怒鳴り声が聞こえたという目撃証言

転落死した3件のうち一件の事件に関して近隣住民からの目撃証言があったようだ。

川崎老人―ホムの転落死事件に関して,近所の住人が怒鳴り声があったと証言している様子

その証言によると転落死したベランダ付近で男性職員と女性の老人が口論になっていた。その口論の直後にドスッという音が聞こえその後救急車が来て人工呼吸を救急隊員が始めたという内容のもの。

神奈川県川崎市の老人ホームで入所者3人が相次いで転落死した問題で、去年12月に、86歳の女性が転落する直前に、施設の中で男性が女性に対して、怒鳴る声を近所の男性が聞いていたことがわかった。 

この問題は、川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で去年11月から12月にかけ、86歳から96歳の男女3人が相次いで転落したもの。 

その後の取材で、このうち去年12月9日に、86歳の女性が転落する直前に、施設の中で男性が女性に対して怒鳴る声を近所の男性が聞いていたことがわかった。 

近所の男性「結構大きな声でやり合っていた」「怒鳴っている方は男だけど、答えている方は女の人」「15分~20分ぐらいあって静かになって、寝床に入ってドスッて音がして」 男性によると、その後、消防などが転落した人に人工呼吸をしていたという。警察は事件と事故の両面で調べている。

情報源: 転落直前に“怒鳴る声” 川崎連続転落死|日テレNEWS24