将来的に機械に奪われそうな仕事

最近、人工知能を使って法律相談業務を効率化するシステムを開発した人がいるらしくどんどん人間の仕事が機会に奪われている。

 

ところで。イギリスオックスフォード大学が発表した将来的に機械に奪われそうな仕事ランキングというものがあるらしい。そのランキング上位を占めていたのは、トラック運転手、販売員、会計士、セールスマンなどであった。

 

この結果に対して、私はどれだけ時代が変わっても結局人間が労働の主たる戦力になる構造は変わらないと思っている。以下、色々と理由を述べる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

車の自動運転

グーグル社が全自動で動く車の開発を将来的に目指しているという。

 

でも、日本では実現は難しいだろうなと思う。というのは、全自動で車を動かせるとなるとまず運転免許自体が必要なくなる。そうすると自動車学校というビジネスが廃業する可能性が高い。警察組織と自動車学校は持ちつ持たれつでズブズブだから仲間がつぶれる制度を国家権力が許容するとは考えにくい。

 

それと、事故など緊急事態の対応や機転の利き具合はどう考えても人間の方が上だな。

介護士の仕事

介護士の仕事は重労働で低賃金が祟って誰も従事するものがいなくなっている。老人の排泄の介護とか誰も進んでやりたがらないから、ロボットにさせればいいのかなとも思える。

 

でもボケ老人とでも微妙なコミュニケーションをしなければならずやっぱり人間にしかできない仕事なのかなと。

ユーチューバーというという仕事

仮に、元記事の指摘するように多くの仕事が10年後、20年後に消滅しているとしよう。

 

でも、消滅した仕事と同じ数くらい新しい仕事が増えている。10年前にこんな仕事が生まれると想像できなかった例は「ユーチューバー」ではないだろうかwこういう形態で広告収入を得て生活している人間がいるとは既存の価値観や概念をぶっ壊すもので面白いなと感じる。

費用対効果の問題

生産ラインや作業の全自動化、機械化って結局は費用対効果やコストの問題に尽きるのかなと考えている。

 

ある製造業の工場では費用対効果の関係から全機械化を行わないという。機械のシステム更新などで新たな機械を導入するよりパートのおばちゃんに「明日からAをCとして扱って処理してください」と2、3日研修したら対応できたりする。

 

おばちゃんたちは時給1000円くらいで頑張って働いてくれているわけで、機械のシステム更新に金を掛けるより安く済む。

元ネタ記事

情報技術の革新により、職業や仕事の在り方が世界的に大きく変化している。工業化社会の詰め込み型教育はもはや通用しなくなり、情報化時代に合った教育に現場も変わろうとしている。(「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志)

 今年7月15日、東京大学発のITベンチャーNicogory(ニコゴリー)は、法律相談に応えるウェブサイトをオープンした。 このサイト、ユーザーが抱える悩みに関する法律情報の提供から専門家への依頼まで、それぞれの事情に応じたノウハウをワンストップ型で提供するものだ。

人工知能などを用いて、煩雑な手続きを簡素化することを目指している。 2013年に起業した代表の浦野幸さんは、現役の東京大学大学院生だ。組織や業務システムの最適化を図るエンターアーキテクチャーという分野の研究を行ってきた。これまで法律業務は専門性の高い分野と思われてきたが、浦野さんからすると「法律にこそ規則性がある」として参入した。 それも、「お金がなくて自己破産するのに着手金だけで20万円も掛かるのはおかしい。本来、皆が使えるはずの法律サービスが一部の人のものになっているのでは」と感じていたからだ。 そんな浦野さんが確信しているのは、ニコゴリーのようなサービスが普及すれば、単純な法律業務は機械が取って代わり、10年先を見据えれば法律専門家の役割は大きく変化するということである。 

機械が人の仕事を奪う──。 英オックスフォード大学が13年に発表した論文は世界に衝撃を与えた。内容は、米国の702の職業別に機械化される確率を示したもので、「今後10~20年で47%の仕事が機械に取って代わられる高いリスクがある」と結んでいる。 

論文筆者のマイケル・オズボーン准教授は本誌に「労働市場は急速なペースで変化している。将来の労働市場において成功するためにどのような技術が要求されるのかを知ることはとても困難だが、少なくともどの技術が自動化されるかを推測することはできる」と述べる。 

そこで『週刊ダイヤモンド』では、米国の職業別就業人口と平均年収から労働市場を出し、同論文を基に機械が代替する確率を掛け合わせ、「機械による代替市場規模」を算出した。 労働市場の大きなところほど、企業が参入しやすく機械化が進むと考えた。

計300兆円に上る市場から職業・仕事別のランキングの10位までを示したのが下表である。

 奪われる仕事のトップは14兆円規模の小売店販売員だった。Eコマースの進展などを鑑みればそれは容易に想像できるが、2位に挙がってきたのは会計士で、代替市場規模は11.8兆円に上る。 ある監査法人の会計士は「確かに会計士の仕事の8割は機械に代わる作業かもしれない」と述べる。会計士の重要な仕事である決算数値の誤りの発見まで、今後、人工知能を用いた機械が取って代わる可能性はかなり高い。 また、表にある代替市場規模が大きいほどベンチャー企業の参入可能性が高い領域でもある。先のニコゴリーは、43位の法務関連職の市場に位置す る。他にも、自動運転技術のZMPらが手掛ける「ロボットタクシー」は、12位のタクシー運転手の仕事も変え得る。産業用ロボットの生産性を向上させてい るMUJINは組立工や機械工の職を代替する可能性がある。 ITサービスは国境を越えやすい。世界各地のベンチャーが参入するため、今後、機械化によって職業が奪われるのも必然だ。

情報源: 機械に奪われそうな仕事ランキング1~10位!3位一般事務員、2位会計士、そして1位は? 週刊ダイヤモンド8/22号特集「息子・娘を入れたい学校2015」より|『週刊ダイヤモンド』特別レポート|ダイヤモンド・オンライン