北朝鮮が全面戦争をすると興奮しているw

北朝鮮が韓国に軍事境界線付近で砲撃を放った。その後北朝鮮は韓国の北朝鮮非難の放送を止めないと「全面戦争も辞さない」と怒っていたニュースの続報です。

 

どうやら北朝鮮のさらに怒りがヒートアップし「軍事行動を開始する」とまで脅しているようだ。北朝鮮の兵士って栄養失調でガリガリだし士気が低そうだけど大丈夫か。

 

なお「軍事行動を起こす」と言っていた起源は今日の8月22日夕方だった。でも現時点で何も軍事行動は起きていない。また北朝鮮のやるやる詐欺ですか。

北朝鮮は、韓国が11年ぶりに再開した北朝鮮に対する非難放送をやめなければ「軍事的行動を開始する」とした22日夕方の期限が迫るなか、「全面戦争も辞さない」などと威嚇する声明を発表し、対決姿勢を鮮明にして緊張を高めています。

北朝鮮軍は20日、軍事境界線近くの韓国軍の部隊に向けて砲弾などを撃ち込んだうえで、韓国軍が11年ぶりに再開した北朝鮮に対する非難放送を、日本時間の22日午後5時半までにやめなければ、「軍事的行動を開始する」と通告し、21日夕方からは前線地帯で「準戦時状態」に入りました。

こうしたなか、北朝鮮の国営テレビは22日、北朝鮮外務省の声明を読み上げ、「わが軍と人民は体制を命懸けで守るため、全面戦争も辞さない」などと威嚇し、対決姿勢を鮮明にしました。

また、国営通信によりますと、対韓国工作の総責任者とされるキム・ヨンチョル副総参謀長は21日、ピョンヤンに駐在する各国の外交官や外国メディアを集めた席で、「わが軍と人民の軍事的対応措置は、輝かしい勝利をもたらすだろう」と述べたということです。さらに国営テレビでは22日も、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が20日招集して「準戦時状態」に入ることを決めた朝鮮労働党中央軍事委員会の緊急会議の様子を伝えていて、北朝鮮は、みずからが通告した22日夕方の期限が迫るなかで、国営メディアを通じて緊張を高めています。

一方、韓国国防省によりますと、これまでのところ、北朝鮮軍の前線部隊に特異な動きは見られないということですが、引き続き、在韓アメリカ軍と連携して、非難放送に使っているスピーカーを狙った砲撃などを警戒しています。このほか、ソウルにある日本大使館は南北間の緊張が高まっていることを受けて、ホームページなどを通じて、韓国に滞在している日本人に対し、軍事境界線に近い地域への不必要な訪問は控えるよう呼びかけています。

情報源: 北朝鮮「全面戦争も辞さない」対決姿勢鮮明に NHKニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パンムンジョム(板門店)で話し合い

どうやら軍事行動を開始すると将軍様が怒っているのに焦ったのか。

 

北朝鮮の高官と韓国の高官がパンムンジョムという場所で話し合いを18時から開始しているそうだ。しかし、軍事行動の開始の期限が夕方5時半で話し合いの開始が夕方6時とはwww話し合いに行くのが早すぎませんか?既にここまでは台本通りだったのではないかと思ってしまうね。

 

パククネと金書記のガチンコプロレスな様相がある。結局何も起こらないとつまらないねw話し合いの会場にテポドンくらい打ち込んでほしいな。

北朝鮮が韓国による非難放送が中止されなければ、「軍事的行動を開始する」とした日本時間の22日午後5時半の期限は過ぎましたが、韓国と北朝鮮は、午後6時から軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)で高位級会談を開くことで合意し、事態の打開につながるのか注目されます。

韓国大統領府の発表によりますと、韓国と北朝鮮は22日午後6時から軍事境界線にあるパンムンジョムで高位級会談を開くことで合意しました。会談には韓国側からキム・グァンジン(金寛鎮)国家安保室長とホン・ヨンピョ(洪容杓)統一相が、北朝鮮側からファン・ビョンソ軍総政治局長とキム・ヤンゴン統一戦線部長が、それぞれ出席します。

北朝鮮軍は20日、軍事境界線近くの韓国軍の部隊に向けて砲弾などを撃ち込んだうえで、韓国軍が11年ぶりに再開した北朝鮮に対する非難放送を日本時間の22日午後5時半までにやめなければ、「軍事的行動を開始する」と通告していましたが、その期限はすでに過ぎました。

こうしたなか、南北が高位級会談を開くことで合意したのは双方とも、これ以上緊張が高まるのを避けたいという思惑があるとみられます。ただ、今回の対立の引き金になった軍事境界線での地雷の爆発について北朝鮮が関与を否定するなど、双方の立場には隔たりがあり、会談が事態の打開につながるのか注目されます。

情報源: 緊張緩和なるか 韓国と北朝鮮の高官が会談へ NHKニュース