こつがいいっき君起訴されるw

弁護士和田正のチンコを枝切りバサミで切断した「こつがいいっき」容疑者。9月2日に東京地検によって起訴されたようだ。慶応大学法科大学院も退学になるんじゃないかな。

 

ところで罪名は傷害と銃刀法違反らしい。枝切ハサミって正当な理由なく持ち歩いてはいけないんだな、知らなかった。

 

一方チンコをちょん切られた和田正は通院1年で回復が可能らしい。ハサミで切られてしまったのは玉なのか竿なのか。回復可能なら疑似の竿をシリコンで作成するんじゃないか。玉が切られたら通院一年ではとても済みそうにない。不倫の代償はあまりに大きかった。ざまあみろwww

東京地検は2日、男性弁護士に暴行を加えて性器を切断したとして、大学院生の小番(こつがい)一騎容疑者(25)=東京都中野区=を傷害と銃刀法違反の罪で起訴し、発表した。

 起訴状によると、小番容疑者は8月13日、東京都港区の法律事務所で40代の男性弁護士の顔を数回殴ったうえ、持っていた枝切りばさみで性器を切断するなどしたとされる。弁護士は1年の通院が必要と診断されたという。

 警視庁によると、小番容疑者の妻はこの事務所で働いており、小番容疑者は同日朝、妻とともに事務所を訪れたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000034-asahi-soci

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の経緯の詳細

そもそも事件の経緯を簡単に振り返っておこう。事件の詳細は以下のようだ。

こつがいいっきの事件の流れ

 

こつがいいっきの嫁が弁護士和田正に強姦された(嫁の勝手な主張の可能性がある。ただの不倫だったという説も)ということに憤慨した、こつがいいっきが起こした事件だ。こつがいとその嫁は強姦や不倫の件で和田の法律事務所で話し合いをしたが決裂してしまった。こつがいいっきは元プロボクサーでその腕力を活かして和田正をボコボコにして和田の意識が朦朧とした所でズボンを脱がしてチンコを切断してしまう。その後切断されたチンコはトイレに流されて未だに下水道を彷徨っているか魚の餌になったみたい。

男性弁護士の性器を切断したとして、警視庁は13日、東京都中野区上高田1丁目、大学院生小番(こつがい)一騎容疑者(24)を傷害容疑で現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

男性は重傷を負ったが、意識はあるという。 赤坂署によると、小番容疑者は13日午前7時40分ごろ、港区内のビル4階の法律事務所で、男性弁護士(42)の顔を数回殴り、倒れて意識がもうろうとなった男性の性器を枝切りばさみ(刃渡り6センチ)で切断した疑いがある。

小番容疑者は「性器はビル内のトイレに流した」と供述しているという。

情報源: 弁護士の性器を切断した疑い 男子大学院生を逮捕:朝日新聞デジタル