山口組を離脱した団体が新組織を設立

山口組の組織図

 

山口組が分裂するらしいが、どうやら分裂した団体が新しく「神戸山口組」という組織を立ち上げるらしい。新団体がマルボウなど警察各所に連絡をしたそうだ。暴力団の設立って許可制だったのかw

 

ところで、この山口組の分裂騒動はどういうことが起こっているのかわかりにくい。

 

簡単にいうと、山口組の内部で「山建組と弘道会」という団体の山口組を巡る縄張り争いが起こっているということ。

 

山建組は代々山口組の看板として活動してきたが段々衰退している。一方、司忍が率いている弘道会が山口組内でだんだん勢力を増してきている。

 

で弘道会が山口組を牛耳るようになってきておりそれが嫌な山建組が山口組から独立を宣言したという構図らしい。

 

そして、山口組と付き合いのある業界はどちらと付き合うべきか模索しているという。

 

つまり「上納金を納めている」「用心棒をしてもらっている」などをしてもらっている業界は「弘道会と付き合うのか」「山建組」と付き合うのかどうしようかという段階らしい。

指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の運営に携わる複数の直系組織(2次団体)が離脱し、事実上の分裂状態となった問題で、離脱する直系組織の組長らが、警察当局に対し、新組織を設立する意向を伝えていたことが28日、関係者らへの取材で分かった。分裂の経緯などを説明したとみられる。

警察当局は、山口組側と離脱組双方の抗争に発展する可能性もあるとみて、警戒を強めている。 関係者によると、離脱する直系組織の組長らが、警察当局側に経緯を説明したのは27日。山口組5代目、渡辺芳則組長(故人)の出身母体の山健組(神戸市)など3組織の組長らが離脱の経緯などを説明し、新組織について「神戸山口組」など、「山口組」を含む名称を検討していることを述べたとされる。 

一方、山口組は、離脱の意向を示すなどしている13団体の絶縁・破門処分を決めたとみられている。 神戸市中央区の山健組事務所では28日午前、緊急の会合があり、山健組系組長らが集まった。組織の引き締めを図ったとみられる。防弾チョッキを装着した兵庫県警の警察官ら数十人が周囲を警戒した。

情報源: 【山口組分裂】離脱組長ら警察当局に新組織設立を伝達 組織名「神戸山口組」などを検討 – 産経WEST

ハロプロで例えているスレッド発見

ハロプロで分かりやすく例えている画像を発見したのでご参照のほど。だいたい私が説明したことと一致しているね。

山口組をハロプロで例えてみた1

山口組をハロプロで例えてみた2

山口組をハロプロで例えてみた3

山口組の過去の抗争事件

山口組と一和会の抗争事件が昭和50年代から60年代にかけて起こっていたみたいだ。今回の分裂騒動と大体似たような流れだ。