高学歴ワーキングプアが急増中、ゴミ収集のバイトで食いつなぐ京大院卒

高学歴ワーキングプアが増えている原因に関してあるコンサルタントの方が書いた記事があまりにも抽象的で的外れだったのでピックアップ。

 

この元ネタのコンサルタントの方の意見を要約すると「学歴や職歴は社会人としての入り口を順調に突破するために必要なもの」「ただ突破したその後は地力が求められる」「高学歴ワーキングプアの人はその地力を要請する力が足りないのでは」というものだった。

 

言っていることは正論だが、色々な角度から物事を分析できていないので色々まずいです。京大院卒のゴミ収集のバイトの事例を出しているのも文脈がちょっとよくわからない。

高学歴で就職が決まらない女性

そもそも私は学歴自体がほとんど不要だという考えだ。また企業が高学歴の人間をそこまで求めていないこともこの問題の最大の原因だと考えている。以下では色々この意見を補足したり反論します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

学歴自体にそこまで意味がない。

学歴はサラリーマンになりたい人が就職活動と言う最初の関門を突破するのに必要なものだ。だから学歴が全く必要ないとは言えないのには同意だ。

 

ただ、社会ではサラリーマンだけが仕事ではない。フリーランスで活動する道も十分に残されている。もちろんフリーランスは一日に収入が1万円を超えるまで結構きついからそこまで親にパラサイトできる環境が必要で楽な道ではない。

 

話を戻すとフリーランスや自営業をやっていると学歴なんてつくづく無意味な弱肉強食の世界だなと感じることが多い。高卒でも年収3000万くらいの中小企業の社長のおっさんは地方でゴロゴロいますから。

くだらないプライドは捨てて金を稼ぐことにまい進した方がいい。

高学歴ワーキングプアの人っておそらくコミュ障だったり俺だけは特別っていう意味不明なプライドや承認欲求の塊なんだろうな。

 

2ch上で引きこもっている中年オッサンと同類だ。私は意味不明な承認欲求なんか捨てて純粋に金を稼ぐことに人生を使った方がいいんじゃないかなと思う。就職なんか諦めてそのパワーを起業することに生かせばいいという考えだ。

 

そういうプライドの高い人間って執着心がすごくて金儲けさせたら凄いよ。

何も考えずに進学すると文科省に搾取されるだけ

文科省が意味不明に大学院の数を増やしてポスドク問題など色々制度の歪みが生じている。最近だと、法科大学院を卒業して弁護士になれなかった人の就職問題など色々まずいことが起こっている。つまり学歴が高いほど不遇が起こる状況が日本では生まれているんだな。これは異常な事態だ。

 

しかも大学院まで進学した人の多くは奨学金を1000万レベルで借入していたりすることが多くて悲惨だ。

 

ところで私も諸事情があって大学院に行っていた。今思い返せば「時間の無駄だった」とは断言できないけど「20代の大半を勉強に費やした微妙な後悔」は残った。

高学歴ワーキングプアが起こる根本的な理由

高学歴ワーキングプアが起こる根本的な理由は元ネタのコンサルタントが言っている「地力がない」からではない。高学歴の人を企業側が求めていないからだと思う。従順ななんでもいう事を聞く社畜がほしいのだ。

 

企業側としても特に文系の院卒ってどう使っていいかわかんないはず。元々研究者になるつもりじゃなかったの?とか文学研究をやっていた人間って社会不適合者臭がするという疑いを持たれるののが関の山だ。

元ネタ記事

必要なのは、肩書きを最大限活かすための、本人達の意識改革!? 興味深い記事があったので御紹介。

高学歴プア 東大院卒就職率56%、京大院卒はゴミ収集バイト(http://www.news-postseven.com/archives/20130110_165134.html)

東大、京大ならば、有名企業や国家公務員や医師などへの道が開けている。東大、京大の肩書きの威力が落ちたと言われるが、彼らの頭脳に優れている面があることは、多くの人が認めるところだ。

なんだかんだ言っても就職に有利だ。学歴なんて意味がないというのは嘘だ。

学歴が高いというのは、少なくとも一生懸命努力する力があるのか、そもそもの地力があるのかという証左になる。私も何年も一部上場の広告会社で面接官をしてきたが、学歴だけで人は見ないが、必要以上に学歴不要と言うのもおかしいと感じていた。

もう一つ言う。職歴なんて意味が無いというも嘘だ。私がコンサルタントとして独立した時、あえて新規の顧客と仕事をしようとした。かつてのクライアントからは仕事を任せたいというお話もあったのだが、地力でやってみたいという気持ちと、かつて在籍した会社への義理もあり、新規の顧客の仕事をしようとした。特に、有名でもないコンサルタントにとっては苦難の連続だった。それまでは、日本を代表する企業の部長、役員クラスとも仕事をしていたのが、入社1、2年目の人達にさえ門前払いされ続けた。大企業にいた時には感じなかったが、「大企業の看板」というものを痛感した。

ただ、数ヶ月が経ち、数年が経って来ると、かつての実績ではなく、今の力に対して評価をしてくれるクライアントが増えて来た。結果として、今までの経歴は有っても無くても良いものとなった。

ただ、大企業も、独立も、国内企業も、外資系企業も経験した人間から言わせてもらえれば、学歴も、職歴も高い方が良い。無いよりはあった方が絶対に良い。ただ、それは入口の扉をスムースに開けるためのツールだ。

入口を抜けてからは、地力が問われる。

東大や京大の大学院卒が、教授のポストが空かないから高学歴プアになっているというのは、地力を上げるための努力が足りないからではないか。自分の研究、教授のポストが最優先で、生徒が授業で楽しめることが二の次になってはいないだろうか。大学につまらない授業が増えたから、生徒を満足させるために、成功を収めたビジネスマンや著名人などを講師、教授に招く大学が増えたのではないか。授業が少なければ、空いた時間で、自分を高めるビジネスに携われば良い。その十分な努力もなく、高学歴なのにワーキングプアになっているのを、大学や世間のせいにする。そんな人の授業は生徒は聞きたくないだろうし、大学側も評価しないだろう。大学院卒というのは大変立派な肩書きだ。必要なのは、それを最大限活かすための、本人達の意識改革ではないだろうか。

情報源: 京大院卒でゴミ収集バイト。なぜ高学歴プアという現象が起きるのか?New – ライフ – 日本のニュース