マタハラを理由に実名公表される

茨城のある病院が正規職員として働いていた看護師の女性を妊娠したことを理由に解雇した。この解雇への制裁措置として実名公表がされたそうだ。この茨城の病院の院長は何回も行われた解雇を撤回しろという是正勧告にも従わず「妊婦はいらない」と言い切っていたようだ。

 

このニュースに対して病院ざまあみろという論調が多い。でも私はこの病院が可哀そうで仕方がない。同情する余地が多いし実名公表はすべきでないと考えている。最近、妊婦や女性の人権が尊重されすぎて気持ち悪い世の中になっているなと思っている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦の身の安全を図れない

看護師という職業は常に危険と隣り合わせだなと思う。特に患者さんに変な人が多くてよくトラブルになっていると聞くね。危ない物を所持していて暴れたりなど危険な場面に遭遇しているようだ。だからお腹に子供を抱えて十分に動けない状況でそんな危険な仕事をさせれないと思うんだけど。

産休するとピンチヒッターが必要

小規模な事業所で産休を仮に取った場合どうなるんだろうか。

 

おそらく正規職員の雇用を守るためにその間、非正規職員を入れて何とかその場を凌ぐのだろう。で、事業主は派遣会社に連絡して良い人がいないか紹介をしてもらったりするわけだ。もちろん、広告の掲載料や紹介料でそこそこお金が吹っ飛んでいくことになる。

 

それに産休期間だけ来てくれるピンチヒッターという都合のいい人は中々見つからないのが現状だと思う。突然の妊娠で産休する女性は事業主に迷惑をかけていることは一応認識した方がいいのではないかなと思う。

 

一方大手企業なら代替人材は沢山いるし資金も潤沢だから問題ないと考えている。

子育て妊娠がそんなに尊いことなのか

よく電車内でも妊婦さんに席を譲りましょうという放送が流れている。

 

でも妊娠していない他の人もそれぞれ人生を歩んでおり、毎日お金を稼いだりなどして大変なわけだ。なんで勝手に妊娠した人のためにそこまで犠牲にならないといけないのだろう。まあ私のような考え方の人間が少子化を加速させるわけだがw

 

皆生きている事自体大変なわけでそこまで妊婦や子育て世代が優遇されているのも変だなと考えている。

レディースデーとか

女性の人権尊重で気持ち悪いなと思うものにレディースデーというものがある。私はたまに映画館に映画を観に行くがレディースデーだと1800円の大人料金の所を1100円で観れてしまうわけだ。ものすごい逆差別だけどこの制度の納得できる根拠をフェミニストの人に講評してもらいたい。

 

ところで女性はそこまで保護の対象なんだろうか。男性の方が遥かに精神的にナイーブだし早く亡くなりやすいのにw

元ネタ記事

 妊娠を理由に女性職員を解雇し、是正勧告にも従わなかったとして、厚生労働省は4日、男女雇用機会均等法に基づき茨城県の医院名を公表した。

公表制度は1999年からあったが、実際に公表するのは初めてだ。 

厚労省が公表したのは、茨城県牛久市の医療法人「医心会」の牛久皮膚科医院(安良岡勇〈やすらおかいさむ〉院長)。今年2月、正職員だった20代前半の看護助手の女性が、院長に妊娠したことを告げたところ、院長は後日、「妊婦はいらない。明日から来なくていい」と述べ、解雇したという。

 女性が茨城労働局に相談し、茨城労働局長や厚生労働相名による解雇の撤回を求める是正勧告を行ったが、院長は「均等法を守るつもりは無い」として従わなかったという。 

均等法は妊娠や出産を理由として労働者を解雇したり降格させたりする、いわゆるマタニティーハラスメント(マタハラ)を禁じている。マタハラそのものへの罰則規定は無いが、厚労相の是正勧告に従わない場合は事業所名を公表することができる。 

マタハラをめぐっては昨年10月、最高裁で妊娠を理由にした降格は均等法が禁じる不利益処分に当たるとする初判断を示した。これを受けて、厚労省は今春、妊娠や出産、復職から1年以内の降格や契約打ち切りは違法とする方針を示したほか、全国の労働局に悪質な事業所名を公表するなど対応の強化を求めた。

情報源: 妊娠理由に解雇した医院を初公表 院長「妊婦いらない」:朝日新聞デジタル