宮城の白骨化した死体は白鳥真由さんと特定

宮城県栗原市の山村で白鳥真由さん17歳の白骨化した遺体が発見された。白鳥真由さんの職業は不詳の模様。最近、死体遺棄や殺人ばかりで怖いですね。

白鳥真由のツイッター

白鳥真由さんの死体発見現場2

宮城県栗原市栗駒文字葛峰の杉林で今月12日、未成年とみられる女性の白骨遺体が見つかった事件で、県警は27日、遺体の身元を住所、職業ともに不詳、白鳥真由さん(17)と発表した。 県警によると、白鳥さんは仙台市出身。

情報源: 宮城白骨遺体:仙台出身の17歳女性と判明 – 毎日新聞

 

なお、白鳥真由さんは仙台市出身で祖父と父親との三人暮らしだった。しかし、祖父は最近亡くなっている模様。白鳥真由さんの父は娘が死んでいたことを全然知らなかったようだ。17歳の娘が1年くらいも音信不通なら普通は捜索願でも出すもんだけどね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

遺体の発見状況

9月12日に、白鳥真由さんは身元不明の遺体として発見されていた。発見したのは白鳥真由さんの白骨化した遺体が見つかった山林の所有者の男。

白鳥真由さんの死体発見現場3

男性は12日早朝に自身の所有する空き家から少し離れた山林内で白骨化した遺体を発見していた。

 

発見された白鳥真由さんの遺体は白と黒の衣服は身に着けているが、靴は履いていなかった。また白鳥真由さんは完全に白骨化しており死後1年くらいは経過していたようだ。

 

なお、遺体の上にはタイヤや枯れ葉などが被せられて発見を遅らせるための偽装工作がされていた。

 宮城県警は15日、同県栗原市栗駒文字(もんじ)の杉林の中から、未成年とみられる若い女性の白骨遺体が見つかったと発表した。遺体の上には乗用車のタイヤ2本が隠すように乗せられており、県警は何者かが遺棄した可能性が高いとみて死体遺棄容疑で捜査を始めた。

 県警によると、発見現場近くの空き家を所有する男性が12日午前4時55分ごろ、空き家から数十メートルの杉林で遺体を発見し、近くの駐在所に届け出た。

司法解剖したところ、遺体は死後数カ月から1年ほど経過。身長140センチ台後半で、白っぽい長袖シャツと黒いズボンをはき、あおむけに倒れていた。靴は見つかっていない。

骨折や目立った外傷は無かったという。県警は、身長や骨の特徴から遺体は未成年とみて、身元確認を急いでいる。

情報源: 女性白骨遺体:体の上にタイヤ2本 宮城栗原の農村杉林 – 毎日新聞

空き家の住人と白鳥真由さんは交友関係があった

なお、発見した空き家の所有者は関東在住だった。台風18号の豪雨による被害が心配になり死体が発見された空き家周辺をわざわざ見に来ていた。

岩手県境に近く、約9年前から空き家になっていた。関東・東北豪雨の被害を心配して様子を見に来た関東在住の所有者が11日、宿泊。翌12日に遺体を発見した

情報源: 宮城女性遺体:葉や枯れ枝がかぶさった状態 靴も履かず – 毎日新聞

ところが、この空き家の所有者が白鳥真由さんを殺したのではないかという疑惑が浮上している。

県警捜査1課によると、白鳥さんは仙台市出身。遺体の第一発見者で空き家の所有者の男性の関係者と交友関係にあったという。県警はこの人物が何らかの事情を知っているとみて調べを進めている。

 県警によると、白鳥さんは昨年12月ごろには生存が確認されているという。その後も目撃情報などがあり、県警は死亡した時期の絞り込みを進めている。

ヤフーニュース宮城・栗原の白骨遺体は17歳女性 第1発見者の関係者と交友関係

死体遺棄現場周辺の状況

白鳥真由さんの死体発見現場周辺は完全な山村で周りに何もない。

白鳥真由さんの死体発見現場周辺1白鳥真由さんの死体発見現場周辺2

 現場は東北新幹線くりこま高原駅から北西約10キロにある岩手県境に近い山間部の農村

情報源: 女性白骨遺体:体の上にタイヤ2本 宮城栗原の農村杉林 – 毎日新聞