自民党武藤議員が未公開株で詐欺っぽいことをしている

シールズの学生たちを利己主義者と呼び批判されていた自民党の武藤議員。

 

週刊文春が武藤さんのある行為をスクープしている。それは以下のような流れだ。

 

武藤議員が未公開株を持ちかける→ファンドを作って資金を集める→集めた資金の一部を投資家に返済しない→トラブル発生という事案の流れのようだ。

 

武藤議員の秘書が集めた資金を別の借金返済に充てており投資家に返済できなかったようだ。

 

というか未公開株を募集することやファンドを組成していること自体がマズイ気がしますがw

 

政治家って多かれ少なかれこういうことを平気でやっている人種の集まりなんだろうなと思う。こういうことがばれるという事は、それだけ政治家としてワキが甘いということ。

 

武藤議員の今回の行動が色々やばいと思う点を指摘していこうと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

未公開株とは

未公開株とは、証券取引所などに上場していない株のことをいいますが、「上場間近で必ず儲かると勧誘されたが、信用できるか」「未公開株を購入したが、上場予定時期を過ぎても上場しない」「未公開株を購入したが、業者と連絡が取れない」など虚偽の説明による勧誘などの詐欺的な事例も見受けられます。

未公開株の販売などそれ自体が犯罪行為というわけではないらしい。未公開株を販売して良いのは一部の証券会社だけ。

 

武藤議員が言っている「議員枠の未公開株」って完全にアウトだね。

未公開株

どういう法令名に触れるのか賢い人、教えてください。私は詐欺罪(刑法)の欺罔行為かなと思っている。

ファンド組成は無免許でやっちゃダメらしい

金融商品取引法(以下「金商法」といいます。)では、組合などのファンドへの出資を募ったり、ファンド財産の投資運用を行う者に対して、原則として登録を義務付けています。

登録を受けずに、一般投資家に対して、ファンドへの出資の勧誘等をすることは、法律違反の可能性があります。このような無登録業者からの勧誘は、詐欺的な商法であるおそれも高いと考えられますので、一般の皆様は、一切関わりにならないようにしてください。

武藤議員はファンドを作って資金を集めているけど、ファンドの組成には免許が必要のようだ(金融庁のHPより)。

 

この点でも武藤さんの行為は違法なのかも。

資金を返さないのは詐欺?

最初からだますつもりで出資させているなら詐欺の欺罔行為なんだろう。

 

でも、武藤議員の弁解を聞くと「秘書が使い込んだから返せない」というものだ。武藤議員は返す意思や能力があるし・・・詐欺で捕まえるのは難しいんだろう。

武藤議員関与した未公開株に関するニュースソース

安保関連法案反対のデモを行う学生集団を<「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心、極端な利己的考えに基づく>と批判したことで知られる武藤貴也・自民党衆院議員(36)に金銭疑惑が発覚した。

 武藤議員の学生時代からの知人が明かす。

「昨年10月末、値上がり確実なソフトウェア会社の新規公開株を国会議員枠で買えるとLINEで持ちかけてきました。ただ資金がないので、私に資金を集めてくれと。上がった利益の半分を武藤さんに渡すという約束でした」 

この知人が投資家を探したところ23人、合計4104万円が集まり、それぞれ武藤議員の政策秘書の口座に振り込んだ。しかし、結局、未公開株の購入はできず、出資者が返金を求めたが、約800万円を秘書が別の借金返済にあてていたことが発覚いまだに約700万円が返済されていないという。

 武藤議員は週刊文春の取材に、秘書の流用や未返済を認めた上で、発端は、自身の資産運用として、知人とそのビジネスパートナーの事業資金に累計1億円を貸し付けており、それが返済されないことが原因だとして、次のように釈明した。

「知人に『これで挽回できるかもしれないから、秘書の口座にお金集めて振り込め』と言ったのは事実です」 

また、LINEを送ったのが、自らが委員の衆院外務委員会中だったことについては、こう答えた。「それは……まずいですね。いやでもLINEって時差があるじゃないですか。止まっていて、電波が繋がったらパッと送るとか」 さらに武藤議員には知人への貸付を、資産等報告書に記載しておらず、資産公開法違反の疑いもある。武藤氏の「利己的」な振る舞いに批判が集まりそうだ。

情報源: 学生デモ批判 武藤議員が“議員枠未公開株”で4100万円集金していた | スクープ速報 – 週刊文春WEB