日本人のツイッター好きは異常らしいw

ツイッター社がツイッターの開発拠点を日本に移すらしいという記事が話題になっていたのでピックアップ。

 

拠点を日本に移す理由はツイッター利用者の多くを日本人が占めており、日本人の趣向や動向を把握する必要があったかららしい。それでツイッター社の偉い人が日本人がツイッターを好む理由を「電車の遅延や地震情報の共有など生活に密着したリアルタイムな使い方ができるSNS」だからと分析している。

 

私(ツイッターのヘビーユーザー、いわゆるツイ廃)から言わせるとまだまだ分析が甘いw

 

ということで今回は私が考える日本人がツイッターにハマる(好きな)理由を考えてみた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

匿名性があるから

ツイッターの利点は本名を知らない相手と気軽に知り合えるからだと思う。

 

加えて匿名性があるから普段、絶対に職場や知り合いに言えないような過激な意見をどんどん出せる(もちろん誹謗中傷、犯罪にならない限度で)。

 

ざっくり言うと雑感を垂れ流す公衆便所のような役割がツイッターなんだろうね。で、日本人は本音と建て前の切り替えが大好きだから受けるんだろう。

一方、フェスブックは

日本人に人気がないSNSはフェイスブックだろう。匿名性のかけらもないwフェイスブックは主にアメリカで流行ったらしいけど私生活をかなりの部分まで友人に公開してしまっている点がちょっと日本人に合っていないのかなと分析。

 

ところで、フェイスブックを使っていると友達がBBQをやっている画像をUPしてて自分だけ呼ばれていないという場面にも出くわしたりする。加えて、同級生の結婚式に自分だけ呼ばれていないという衝撃の事実が発覚したり、元カノが妊娠して出産したという聞きたくない情報まで入ってくるフェイスブックw

非リア充が傷を舐め合う場だから

ツイッターでは「お気に入り」いわゆる「ファボ機能」というものがある。これは面白いツイートをお気に入りして後で見れるようにするための機能だ。

 

ツイッターのタイムライン上で「ファボ」られているのは「人生を悲観するツイート」「モテないことをアピールするツイート」「長時間労働で死にそうだというツイートなど」が多い。なんだか社会の底辺の人間が互いに傷を舐め合っている感じがして気持ち悪くもあるwお互いに共感してそれが快感になって離れることが難しくなるのかなと分析。

めちゃくちゃ面白い天才がいたりするから

ツイッターを長くやっているとめちゃくちゃ面白い人に気軽に出会える。そしてその考え方を簡単に共有することができる。例えばどのツイートもセンスに溢れていて共感できるものばかりツイートする天才がいたりする。

元ネタ記事

Twitter Japanは9月3日、先月移転した新オフィスで事業戦略を発表した。世界的にも“異常”なほどアクティブなユーザーが多い日本を重要な市場と捉えており、国内に開発拠点を開設し、ユーザーの動向を参照した新機能をリリースしていくという。

 米Twitterのジャック・ドーシーCEOはビデオメッセージで「サービス開始から約10年、日本のユーザーがTwitterの成長をけん引してきた」「今後開発拠点を日本に置き、さらにユーザーの満足度に貢献していく」と日本市場の重要性を強調した。

 Twitter Japanの笹本裕代表は「日本は『バルス』で最高秒間ツイート記録を持つなど、世界的にも“異常”なほどTwitterがよく利用されており、本国の社員から『どうして日本人はこんなに使うの?』と聞かれることもしばしば

普及具合、活用の幅などあらゆる点で世界をリードしている」と話す。すでに一定の普及が進んでいる中で、さらに攻めていきたいと意気込む。

 日本のユーザーはTwitterと生活が密着しているようだ。「情報発信だけでなく、電車の遅延や地震の発生など、自分の身に起こったことをすぐに投稿する生活への密着具合が日本人ユーザーの使い方の特徴。お店の前の行列に『なんだあれ?』と思った時にTwitterで検索するとすぐに分かるのは日本だけ」(牧野友衛執行役員)。

 「日本のユーザーがTwitterの使い方を“発明”している」(笹本代表)と評価し、これまで米国をメインとしていた開発拠点を日本に新設

ユーザー動向を新機能開発につなげる体制を強化する。笹本代表は「日本のモバイル環境は世界一で、ユーザーの熱も高い。日本発のプロダクトでTwitterの可能性を世界に提案していきたい」と話す。

 7月にはニュース機能を世界に先駆けて日本でリリースした。特にニュースに言及するツイートが多い日本の現状を踏まえて生まれたもので、キーワード単位の「トレンド」とは別に話題のトピックについて把握しやすい機能になっている。現在までに米国、インド、ブラジルでテスト導入しており、いずれもユーザーの反応は上々という。今後世界に広げていく予定だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000048-zdn_n-sci