1、岡村隆史を盾にする「おのののか」に腹黒すぎると炎上

 

フジテレビの番組「逃走中」にて「おのののか」がとった行動が批判を浴びている。

この番組は制限時間内にハンターという鬼に捕まらなければ賞金を貰えるというルールだ。

 

そこで、おのののかは、ナイナイの岡村隆史を盾にして逃げ切り150万円ほどの賞金を手に入れたようだ。

 

これに対して「女の武器を使った」「腹黒いw」などの反応があった。

 

こういう炎上ネタが度々上がっているが、何だかんだ皆さんフジテレビ観ているんだなと思ってしまう。

 

この逃走中という番組はタレントにピッタリとカメラマンが付いているわけだから、ハンターに居場所がすぐばれると思うけどな。

 

まあヤラセだろうがw

 

さて、以下では「おのののか」というタレントのプロフィール、ビールの売り子をやっていたというエピソードに関して、掲示板の反応を紹介します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

2、おのののかのプロフィール

 

おの ののか(Nonoka Ono、1991年12月13日 )

職業 タレント、レースクイーン。

本名、宮田 真理愛(みやた まりあ)。

東京都出身。

プラチナムプロダクション所属。

愛称は「ののきゃん」。

情報源: おのののか – Wikipedia

 

本名は「みやたまりま」と言うのか。

 

意外に普通の名前なんだな。

 

「おのののか」という芸名を最初見た時「舌噛みそうな名前だな」と思ってしまった。

 

レースクイーンをやっていたようだが、もれなくレーサーにマクラ営業しているだろう。

 

管理人の知り合いで元レースクイーンのおばさんがいるが、若い頃にチヤホヤされたクセが抜けきらない感じで痛いキャラになっている。

 

ところで、「おのののか」が芸能界に入ったきっかけは成人式の写真が綺麗に取れたから、芸能事務所に送った所たまたま採用されたということらしい。

 

それまで芸能界にはあまり関心がなかったというから人生は何があるかわからないな。

 

3、ビールの売り子時代

 

 

巷では「おのののか」がビールの売り子時代にスカウトされたという話があるがあれはウソらしい。

 

前述のように成人式の写真を送ったからというのが真実のようだ。

 

彼女はグラビアやレースクイーンの仕事をやる前に「話題作り」のために東京ドームでビールの売り子をやっていたようだ。

 

この話題作りという点が「腹黒さ」をさらに加速させるような気がするぞ。

 

ところで、「おのののか」は一日400杯もビール売っており、売り子としての月収は30万円を超えたようだ。

 

平均的な売り上げは一人100杯以下らしいからその4倍にもあたる凄腕の売り子だった。

 

凄腕過ぎて東京ドームから表彰されている。

 

4、掲示板の反応

腹黒なだけで需要ない、ロンブー淳のゴリ押し。
あほか・・台本通りだよ。
田中みな実の方が感じ悪かったぞ。
ビールの売り子やっていた時はめちゃくちゃ可愛かったね、今は急激に劣化したけど。
Eガールズのアミの方が感じ悪かったぞ。
岡村が捕まって女の子が残る方が画面観てても綺麗でいいと思う。
ずっと隠れて一歩も動かなかった千葉真一がまた見たいw
女性らしくていいじゃないか、多くの女性は大なり小なりやっているぞ。
新手のフジテレビの炎上商法じゃない?
また岡村がラジオで反論するぞw

5、ソース記事(抜粋)

フジテレビで放映されている人気番組「逃走中」は見事逃げ切り賞金を獲得したり、また試合を放棄しその時点の賞金をゲットするいわゆる「自首」などを行うと必ずと言っていいほど炎上してしまう番組ですが、今回タレントのおのののかさんが見事逃げ切ったことで案の定炎上しております。

 

ただしその逃げ切り方が視聴者にとってきにそぐわなかったようだ。

 おのののかさんは、見事逃げ切り156万円をゲットした。

ルールに則った正当な逃げ切りではあったが、ナインティナインの岡村隆史に途中で守ってもらい、その隙に逃げた姿が視聴者にとって「岡村を盾に使った」などと、指摘される原因となった。結果「感じの悪い女」「女子の武器を使った」などとツイッターで叩かれ炎上している。

情報源: おの ののか、逃走中で人を盾に使い逃げ切ったと炎上! – デイリーニュースオンライン