神奈川の米軍基地で爆発事故が起こる

神奈川相模原にある米軍基地で爆発事故が起きたようだ。

 

爆発事故が起きたのは米軍の補給基地「相模総合補給廠」というところ。

神奈川米軍基地爆発事故1

神奈川米軍基地爆発事故3

神奈川米軍基地爆発事故2

ここでは日用品の保管をしていた所のようだ。米軍の説明では建物内に酸素ボンベがあったようで、酸素ボンベに引火して爆発した可能性もあるという。

 

もっとも爆発の原因は正確には特定できていない。

 

なお現在は鎮火しており周辺住民のけが人はいない模様。ネット上では極左系組織のテロ行為ではないかという噂がたっている。

24日午前0時45分ごろ、相模原市中央区にある米陸軍施設「相模総合補給廠」で「爆発音がした」と119番があった。相模原市消防局などによると、施設内の倉庫一棟約900平方メートルが全焼したが、倉庫の保管物が特定できておらず、放水活動はしていない。けが人はいなかった。

 神奈川県警相模原署や同消防局によると、爆発音は10回以上聞こえた。爆発はその後止まり、火勢も自然に衰え、同日朝までにほぼ鎮火した。隣接する建物はなく、延焼はなかった。
 現場はJR横浜線相模原駅と矢部駅の間で、線路から北に400~500メートル離れた位置にある倉庫。米軍側の説明では、倉庫内にはボンベと酸化物があったとされる。爆発時、ボンベのような物が施設外にも飛び散ったとみられ、消防が確認している。
 消防車と救急車計14台が出動したが、保管物が危険な可能性があるため、放水せずに米軍側と消火方法を協議している。同日午前5時すぎから米軍の消防と共に調査したところ、焼け跡の床には無数の酸素ボンベが散乱していたという。
 在日米軍司令部によると、爆発の原因は不明。倉庫は危険物質の保管設備ではなく、弾薬や放射性物質を蓄えてはいないとしている。
 相模原市などによると、相模総合補給廠は、相模原、矢部両駅間の北側全域に広がる約200ヘクタールの米陸軍施設。敷地内には物資の保管倉庫や修理工場などがある。周辺には住宅や工場などが密集し、小学校や高校、大学なども隣接している

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015082400015

スポンサーリンク

スポンサーリンク

神奈川相模原米軍基地爆発事故の動画まとめ

神奈川米軍基地爆発事故その他のソース

24日未明、相模原市にあるアメリカ軍の補給基地内で爆発があり、倉庫1棟で火災が発生しました。火はほとんど収まっていて、けが人はいないということで、警察や消防で詳しい状況を調べています。24日午前0時45分、相模原市にあるアメリカ陸軍の補給基地「相模総合補給廠」の職員から「爆発があって火災が発生したもようだ」という通報が消防にありました。また付近の住民からも「基地内から爆発音が数回聞こえた」という通報が消防などに寄せらました。火災が起きたのは「相模総合補給廠」の敷地内にある倉庫1棟で、消防によりますと、消防車10数台が出動し、倉庫内で燃えているものが特定できなかったため放水はしなかったということですが、これまでに、火はほとんど収まっていて、平屋建ての倉庫およそ900平方メートルが全焼し、床には、金属製のボンベが散乱しているということです。

ほかの施設への延焼はなく、警察や消防によりますとけが人はいないということです。また基地の周辺には住宅や商業施設などが建ち並んでいますが、火災のあった倉庫は基地の中心付近にあり、敷地の外まで最も近いところで500メートルほど離れていて、今のところ、住民から被害の連絡は入っていないということです。

情報源: 米軍補給基地で爆発 倉庫1棟火災 相模原 NHKニュース

爆発した施設相模総合補給廠とは

相模原市のホームページによりますと「相模総合補給廠」は、相模原市中央区の矢部新田と上矢部、それに小山にまたがるアメリカ軍基地で、196ヘクタール余りの敷地に、物資の保管倉庫や修理工場などの施設があるということです。基地の周辺には住宅地が立ち並んでいるほか、南側にはJR横浜線の相模原駅や矢部駅があり、西側には保育園、東側には大学や高校が隣接しています。

防衛省によりますと、基地の中には食料や日用品のような生活物資が保管されているということです。

情報源: 米軍補給基地で爆発 倉庫1棟火災 相模原 NHKニュース

極左系組織が過去に米軍基地を狙ったテロ行為をしている件

過去に神奈川県の米軍基地を狙って極左系組織がテロを行っている。

 

飛翔(ひしょう)弾を米軍基地に打ち込むという極悪非道な行為を行っていたようだ。

 

今回の爆発事故ももしかしたら、某過激派組織が米軍基地に爆弾でもセットしたり、もしくは火を放って引火させたりしたのかもしれない。

28日午前0時45分ごろ、神奈川県座間市座間2丁目の畑付近で「爆発音が3回した」と110番通報があった。県警座間署員が駆けつけたところ、金属製の筒2本を発見。現場は米陸軍キャンプ座間に近く、米軍施設を狙って飛翔(ひしょう)弾が発射されたとみて調べている。

 座間署によると、筒は畑の土中に差し込まれ、キャンプ座間がある北東方向に向けられていた。県警は米軍と連絡を取ったが着弾やけが人は確認されておらず、行方を捜している。 現場は、座間市立座間西中学校の東側すぐの野菜畑。現場とキャンプ座間の間には、JR相模線の線路や市立座間小学校がある。

情報源: キャンプ座間狙い飛翔弾発射か、金属の筒発見 爆発音も:朝日新聞デジタル