佐川急便が重要文化財を真っ二つに壊すwww

 

佐川急便が国指定の重要文化財「赤漆塗木鉢(あかうるしぬりもくはち)」を運搬中にぶっ壊すという事件が発生した。

 

佐川急便側は過失を認めて謝罪している。 

佐川急便の広報担当者は取材に対して「迷惑と心配を掛けて誠に申し訳ない。配送品質のさらなる向上に取り組み、再発防止に努めたい」とコメントしている。

 

時価総額何億円という文化財が佐川のお兄さんのせいでぶっ壊れたのか。

私は

1「再発防止」じゃなくて今回の事故の原因を追究した方がいいと思うし、

2、そもそも依頼主は佐川に頼むなよと思ったね。

 

以下で詳しく書きます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

再発防止じゃなくて何故起こったのか追及した方が

 

事故の再発防止より今回の事故の原因を徹底的に追求した方がいいと思う。

そうでないとまた同じ事故が起こってそのたびに「再発防止」をするんですか?

そもそも佐川に頼むなよ

 

国の博物館が佐川急便には仕事を依頼したんだろう。

 

国がやることだから入札方式だろうし一番値段の安い所が佐川急便だったのかも。

 

コストダウンのために安全性を犠牲にしたのかな。

 

でも担当者が他にもっと安全だけど料金が高い所に依頼する権限無いならちょっと今回の件は同情してしまう。

 

佐川に破損されたエピソード

以前、自社で落下実験まで行ってから無事を確認してから佐川に依頼したら
見事に破損してたって言ってた社長がいたわ。

落下実験までやっていたのに、破損するとはwwwじゃあ普段は壊れ物でも投げまくっているのか・・・・。

 
以前、中古コンピュータ2基をしっかり梱包し、クッション材も詰め込んだ状態で佐川が運んできたが、
うちの社長、佐川と知るとその場で梱包を開けさせ、コンピュータが大きく破損しているのを確認させたよ。
社長、以前にも佐川で同じことがあったらしい、当然、受け取り拒否!!

 

精密機器を佐川に運ばせるのはキケンな行為なんだな。

 

楽天やヤフオクでは佐川が指定されていることが多くて最近は使用しなくなった。

 

アマゾンはヤマト運輸が多くて安心している

 

佐川急便の評判の運ちゃんの評判の悪さ

 

佐川急便の運ちゃんの評判はすこぶる悪い。

運ちゃんはヤンキー上がりのような見た目でで言葉遣いもかなり荒い。

 

配達の電話をしたらブチ切れられたこともある。

 

私「20時に配達をお願いしたいんですが?」

佐川「無理です!!(ガチャッ)」

 

社員教育も適当な企業なんだろう。

佐川男子とかいう佐川急便で働く男性をモデルにしたカレンダーが発売されているけど・・・・。

 

あの縞々のユニフォームの爽やかさとに反してかなりヤバい人が多いね。

 

美術品なら日通やヤマト運輸を使おう

会社の美術品を運搬するのにヤマト運輸や日通を使っているという声が多い。

ヤマト運輸の運ちゃんは結構まともな方が多いイメージ。

 

20時に配達依頼を出していたのに21時に配達に来た時「夜分失礼いたします・・・」と非常に腰の低い対応だったので、ビックリした思い出ある。

 

割れ物でも投げちゃう佐川とはえらい違いだ。

 

引用(抜粋)

 

八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は24日、展示のため野辺地町から借用した国指定重要文化財「赤漆塗木鉢(あかうるしぬりもくはち)」が、22日に所蔵先の同町立歴史民俗資料館から縄文館への運搬中に破損したと発表した。縄文館は「梱包(こんぽう)方法、輸送による振動など複合的な要因がある」と破損原因を挙げ、輸送を担当した会社は責任を認めているという。古舘光治・縄文館長は「野辺地町に多大な迷惑を掛けた。関係機関などと連携し、輸送などの質の向上に努める」と述べた。木鉢は今後、文化庁と同町が協議し、輸送会社が保険で修理することになる。

 木鉢は、縄文館が25日から開催する特別展「漆と縄文人」で展示予定だった。所蔵先からの輸送は市が佐川急便(本社・京都)に委託し、同社の持ち株会社「SGムービング」が担当。美術品輸送の専門知識を持った複数の作業員が輸送に携わった。

 木鉢は22日午前10時ごろ、野辺地町と八戸市の担当職員が立ち会い、赤漆塗木鉢の状態を確認。作業員が綿布団や紙ひもなどを用いて段ボールに入れ、トラックで陸送した。同日午後に縄文館に到着し、作業員が開梱(かいこん)したところ、胴部分が真っ二つに割れているのを確認した。

 縄文館は同日中に、同町立歴史民俗資料館と青森県教委文化財保護課、文化庁に連絡。23日には縄文館職員らが直接、同町の浅利能之教育長を訪ね、説明、謝罪した。縄文館の担当者は「展示の目玉の一つで、非常に残念」と話し、展示室には写真を掲示予定。

 赤漆塗木鉢は約6千年前の縄文時代前期の製作とされる。コナラの木をくりぬいて作られ、胴回り46センチ、高さ25センチ。

 佐川急便の広報担当者は本紙の取材に「迷惑と心配を掛けて誠に申し訳ない。配送品質のさらなる向上に取り組み、再発防止に努めたい」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00010002-dtohoku-l02