ざっくり言うと・・・

ある精神科医が酒鬼薔薇聖斗こと東慎一郎のことを「自己愛パーソナリティー」という人格障害だと診断している。
この人格障害の特徴は以下の通り。自分が特別だと思っている、自分には限りない才能があると思っている、過剰な賞賛を求めるなど。
この障害の原因は母親からの共感を受けた経験が乏しいことだ。治療は難しいのが現状。

管理人のコメント

人格障害であるというのは何となくわかるな。そうでないとあれだけの事件を起こさないだろう。
医療少年院で矯正教育を受けたようだが、効果はあまりないのだろう。
少年犯罪の厳罰化もよく議論になるが、凶悪犯罪のみ厳罰化してすぐに刑を執行するのが妥当だと考えている。
万引き犯や喧嘩くらいは更生の余地を残してあげたらいい。それくらいは若気の至りであり得るから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの反応

自己愛パーソナリティーって安倍総理とか菅直人もそうじゃないの?w
ルーキーズという漫画で校長先生が「不良は絶対に更生しない、悲劇はまた繰り返される」とか言っていたけどそれは本当だと思う。
どうやら「東慎一郎」という名前は在日通名のようだぞ。
Wikipediaに太田出版がボロクソに書かれていたよ。「社会倫理観の欠如した出版社」と。
少年犯罪者は絶対に更生なんかしないという問題提起として「絶歌」が出版されるならOKなんだけど。
反社会性人格障害は一生治らないからな。。。
残虐な犯罪を犯した犯罪者が自己救済と生きるために出版とは狂っているよね。東は自己救済のためにまた人をアヤメてしまうのかもね。
底辺アルバイターに囲まれる毎日の中で「俺はあのサカキバラだ、恐れろよ」と叫びたい欲求が強くなったのかもね。
実際にこの小説を読んでみたが、自分のやったことに対して自己陶酔に陥り目立ちたくてしょうがない感情が伝わってくる。
5年後か10年後かこの「絶歌」という本の存在が忘れ去れてたころに居ても立っても居られない状態になり「俺はサカキバラだぞ」って言って重大な事件を起こしそうだ。
未成年者への矯正教育の効果の検証をしっかりなされるべきだろうね・・・東は確実に再犯を犯しそうな気配がする。
遺族の感情を逆なでする手法はマスゴミさんがいつもやってますけどねw
東君は知能は高いのだろうと思うね・・・まんまと出版社や世論を騙したわけだから。
猟奇的な犯罪を犯すことで特別な自分に成りたかったと・・。
少年法の過保護具合も見直した方がいいよね、まだ若いから矯正の余地があるとか、可塑性があるってあらゆる少年に妥当することなのかな・・・?