安保反対デモは出会いの場だった?

安保法案成立反対デモをやっている民青組織のシールズ。最近は70歳代のメンバーが中心となった「オールズ」、中年のオッサンたちが中心メンバーの「ミドルズ」が結成されている。ますます安保法案反対の胡散臭い活動が拡大の一途を辿っている。

 

シールズデモ2

 

ところで、デモ後はシールズやオールズ、ミドルズメンバーが和気藹々と飲み会を開いているようで。シールズに参加している女子大生たちは全共闘時代に木刀を振り回してたオールズのメンバーの武勇伝を聞いて感激しているんだとか。デモ後に世代を超えた交流があって素晴らしいですねと元ネタ記事の記者は分析している。

 

そもそも、全共闘時代にゲバ棒をぶん回していたお爺ちゃんの武勇伝ってw恥ずかしいね。警察官に対する公務執行妨害罪しかやってないじゃんwそんな犯罪行為に等しい武勇伝を聞いて目を輝かせて感激したとか相当知能が低い。

参院で審議中の安保法案にNOを突きつけるデモがますます活発化している。

国会前で集会を開く学生団体「SEALDs(シールズ)」に加えて、毎週土曜日に東京・巣鴨に集結する60~70代主体の「OLDs(オールズ)」、さらに30~60代からなる「MIDDLEs(ミドルズ)」というグループも立ち上がり、大きなうねりとなっている。 

8月30日には「戦争法案廃案!安倍政権退陣!」を謳う「国会10万人・全国100万人大行動」への参加がネットやSNSを通じて呼びかけられており、大群衆が国会に押し寄せるとみられている。 懸念されるのは、警察とデモ隊の衝突だ。衆院で安保法案が強行採決された7月15日には約5万人の人々が国会前に集まったが、そこまで大規模のデモ隊を警察がコントロールするのは容易ではないようだ。当日、デモに参加した40代の男性が語る。「歩道から溢れたデモ隊を、大勢の警察官が移動式の柵を設けて抑えていましたが、全共闘世代と思われる60代の男性が隙あらば柵の外に出ようとして何度も警察官に注意されていた。機動隊の指揮車の上に立ってマイクで誘導するDJポリスも『歩道の上に上がってください』などと普通に注意するだけで気の利いたことを言えず、全く機能していなかった」

一方で、デモは世代を超えた“出会いの場”にもなっている。「全共闘世代が70年安保の時の武勇伝を語ると、参加者の女子大生たちが『すごい』と目を輝かせる。デモの後の飲み会では父と娘ほど年の離れた男女が親密に語り合う光景も見られます」(同前) 安保法案同様、反対デモに対しても賛否両論が渦巻いているが、参加者が20万とも30万とも予想される8月最後の日曜日に国会前で何が起きるか。

情報源: デモは出会いの場 全共闘世代の武勇伝に女子大生「すごい」│NEWSポストセブン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オールズの活動内容に関する詳しい説明

老人の街である巣鴨で毎週、安倍政権を批判する街宣活動を行っているようだ。

オールズ

ここで気になるのは以下の引用部分の「シールズは我々の産みの親です」という部分。こういう極左系活動をやる連中は筋金入りのプロ市民が多い。若者のシールズに触発されたから活動を始めたのではなく「元々やっていたプロ市民としての活動の名称を変えた」というのが正しいのではないか?

OLDsは、アベ内閣が成立を図っている戦争法案に反対し、老人パワーを最大限発揮してその成立を阻止することを目的とするグループです。

この趣旨に賛同する方は誰でも参加できます。参加者を募集します。

資格:なし。誰でも参加できます。会費:なし。

基本的な活動:とりあえず9月までは、毎週土曜日午後5時から、巣鴨駅北口での宣伝活動です。それ以降の活動については、政治情勢やメンバーの健康状態を考慮して決めていきます

会員の義務:なし。ただ、茶飲み話などで戦争法案反対を話題にすることなどはお薦めです。OLDsはその名からお分かりのように、SEALDsの若者たちの運動に触発されて始まりました。年齢こそ私たちの方が彼らの3倍近く上ですが、彼らこそがわれわれの「産みの親」です。世代の違いを越えて、私たちも、彼らとともに、戦争法案の廃案まで一緒にたたかっていきたいと思います。ま、彼らの力強い足取りに後ろからヨロヨロついていくのがやっとだと思いますが。

情報源: 【老獪】オールズ(OLDs)も戦争法案反対!お年寄りの原宿”巣鴨”駅北口が主戦場!