仙台イジメ自殺事件で学校側が虚偽の説明をしていた

仙台市で昨年中学一年生の男子がいじめを苦に自殺した。

 

この自殺の件に関して担任の女性教諭がクラスメートに対して自殺した男子生徒は「転校していなくなった」と説明したそうだ。このような虚偽の説明をした理由に関して学校や教育委員会は「男子生徒が特定される」からだったという釈明をしている。

 

なお、いじめをしていた加害者側の男子生徒たちには「実態調査」を理由に自殺の事実を明かしている

 

隠ぺい体質だな。教育委員会の人間からするとイジメ自殺は不都合な事実で早く揉み消して消し去りたいのかもしれないね。教育委員会のおっさん達も自分たちに責任が来ないように必死に防御して騒動が沈静化するのを待っているという印象をもつ。

仙台市立中1年の男子生徒=当時(12)=が昨年秋、いじめを苦に自殺した問題で、男子生徒が通っていた中学校が当時、クラスメートらに「彼は転校した」と虚偽の説明をしていた疑いがあることが22日、学校関係者への取材で分かった。

市教委は21日の記者会見で、遺族の意向を理由に「子どもたちにどう対応したかは言えない」と明言を避けていた。関係者によると、男子生徒の担任だった40代の女性教諭が昨年秋以降、クラスメートに「彼は家の都合で県外に引っ越した」などと説明。学校側による在校生や保護者への説明も一切なかった。いじめに加わった生徒11人に対しては「実態調査」を理由に自殺の事実を伝えていたという。 

市教委は21日の記者会見で、男子生徒が死亡した後の学校の対応について「遺族のお気持ちに寄り添いたい。それを明かせば男子生徒が特定される」などとして回答を拒んでいた。 

子どもが同じ学校に通う保護者によると、男子生徒は昨年夏ごろから休みがちだったという。自殺を図ったとみられる昨年9月下旬、生徒の自宅前に救急車が止まっているのを複数の住民が目撃。一部住民の間では、当時から生徒家族の急な転居をいぶかしがる声が上がっていたという。

自殺した生徒が通っていた中学校の関係者は21日夜、河北新報社の取材に「(いじめ自殺があったというニュースに)私たちも驚いている。市教委の指示もあり、自殺があったかどうかを含め、何も答えられない」などと語った。

市教委によると、男子生徒は自殺を図った数日後に病院で死亡。遺書はなかった。いじめは昨年5月以降、同学年の男子生徒11人から受けており、見下すような言動でからかわれたり、仲間外れにされたりしていたという。この間、保護者は学校に6回にわたって相談。校長が全容を把握できずに組織的な対応が遅れ、市教委は「学校から連絡がなく、十分な連携が取れなかった」と釈明している

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150823-00000001-khks-soci

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仙台市教育委員会が臨時の校長会を開く

仙台市イジメ自殺事件に関して仙台市にて臨時の校長会が開かれたそうだ。

 

この会合に出席した某校長のコメントが「いじめ対策をいかに効果的に講じるかが大切だ」と全く中身の無いコメントをしていることが気になるw

 

やる気あるんかいな。自分たちの出世の邪魔になるもの=いじめ自殺なのかもな。

仙台市立中1年の男子生徒=当時(12)=が昨年秋、いじめを苦に自殺した問題で、市教委は22日、臨時の市立学校合同校長会を宮城野区の市教育センターで開いた。小中高など全192校の校長ら約200人にいじめの未然防止や組織的な対応の徹底を求めた。会議は市教委幹部が指示を伝えるのみ。質疑応答はなく約30分で終わり、多くの校長が取材には一様に口を閉ざした。

ある中学校長(60)は「いじめ対策をいかに効果的に講じるかが大切だ」、別の中学校長(60)は「いじめはどの学校でも起こりうる。気を引き締めたい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150823-00000003-khks-soci