独身男性の大半が結婚後の共働きに賛成

ある会社がネット上で独身男性を対象に「結婚後も奥さんには働いて欲しいですか?」というアンケートを実施した。

 

その結果9割を超える男性が「共働き」を希望したようだ。その理由は様々で「相手のことを尊重したい」「家庭だけにいると考え方が偏るから」というものがあった。

 

私は(男)独身だけど、仮に結婚しても共働きを希望したい。というのも専業主婦にメリットが少なくてデメリットばかりと思うからだ。

 

さて、以下では専業主婦のデメリット書いていこうと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

視野が狭くなる

専業主婦をやっていると視野が狭くなる。これは何となくわかると思う。視野が狭くなると変なものに興味を持ったり関わりを持ち始めるから要注意だ。

 

例えば「宗教」「マルチ」系だと思う。世の中の事をそこそこ知っていれば勧誘の話のとっかかりで「あ、私カモにされていると」気が付くはず。

専業主婦はただのニート

専業主婦って要するに家事手伝いだ。これは職業ではなくただのニートではないだろうか。社会的な評判が悪いだろう。

家計が苦しくなる

年収1000万円を稼いでいる旦那さんがいたとする。

 

1000万円の年収があっても手取りは60万円くらいになってしまう。加えて子供がいた場合や車を所有していたり、家の家賃が10万くらいすることを考えると。自由に使えるお金はかなり少ない。

現代の家電の機能

現代の家電の機能はすごくハイテクだ。

 

洗濯機はボタンを2回くらい押せば全自動で衣類を洗濯してくれる。洗濯板でゴシゴシするという時代ではないのだ。だから専業主婦の人がやる作業って簡単すぎてとても専業でやるほどのものではないよ。

ある婚活サイトでの家事手伝い女の話

私はネタにするため、ある婚活サイトに登録してみたことがある。その婚活サイトで「家事手伝い、24歳」の女にアプローチをされたことがある。その女は懸命にフォトショップを駆使して顔面を修正した画像を送ってきた。それに騙された私は「あ、可愛い」と思ってしまった。ひょんなことから実際に会うことになってしまったwww

 

で、実際に会って見ると40代くらいの経産婦のようなおばさんが登場し腰を抜かしてしまった。本当にこいつ24歳なのか・・・と疑いたくなる最低最悪な容姿だった。何を血迷ってお前みたいなのを専業主婦にしてATM代わりにされないといけないんだと沸々と怒りが湧いてきたねw

元ネタ記事

Facebookを活用した婚活アプリ「マッチアラーム」を運営・開発するマッチアラーム株式会社が、20代、30代の独身男性2028名を対象に、恋愛、婚活に関する調査を実施したところ、独身男性の96%が結婚後の共働きに「賛成」と回答したことがわかった。今回の調査では、「結婚後、結婚相手が働くことを応援しますか?」という質問に対して、96.1%の男性が「はい」と回答し、多くの男性が働く女性を応援しているということがわ明らかになった。

「はい」と回答した男性からは、「相手の生き方を尊重したい」「自分の好きな事をしてほしい」など女性の意思を尊重したいとの意見が多く見られた他、「外の世界で刺激も受けて欲しい」「社会と接してないと考え方が偏る」など家にとどまらず社会にでてもらいたいとの意見も目立った。その他には「やりがいをもって頑張ってる人に魅力を感じる」や「経済的にお互い楽になる」といった意見も寄せられた。一方で、「いいえ」と回答した男性からは「家事を任せたい」「子育てに専念して欲しい」などの意見が大半を占めた。

■「はい」と回答した男性は・・・
・「相手の生き方を尊重したい」(男性/20代半ば/東京都)
・「自分の好きな事をしてほしいです」(男性/30代半ば/岡山県)
・「相手がやりたいということを尊重したいので。」(男性/20代半ば/千葉県)
・「働く意思があるのに、家庭に閉じ込めたらその先後悔されるし、好きなことたくさんして笑顔でいてもらいたい」(男性/30代前半/東京都)
・「やりがいを持てるなら是非仕事してほしい。」(男性/20代後半/北海道)
・「働くことは生き甲斐にもなるので」(男性/30代後半/東京都)
・「夢、目標を失って欲しくないので。」(男性/30代後半/東京都)
・「家庭だけにとどまってほしくなく、外の世界で刺激もうけてほしいからです」(男性/20代半ば/岡山県)
・「社会と接してないと、考え方が偏るから」(男性/30代半ば/東京都)
・「働かないと視野が狭くなるので」(男性/30代半ば/東京都)
・「社会との繋がりを持つことで家庭の関係の有り難みも感じられそうだから。」(男性/30代前半/愛知県)
・「仕事は苦しいことばかりではなくてやりがいも感じることができるし、人としての成長も仕事を通じて得られると思うから。」(男性/20代後半/京都府)
・「働いている人の方がイキイキしていると思うから。」(男性/30代前半/東京都)
・「したいことをすると輝いて見えるので」(男性/30代後半/福岡県)
・「何かにやりがいをもって頑張ってる人に魅力を感じるから!!」(男性/30代前半/神奈川県)
・「共働きをしないと生活が苦しいので。」(男性/30代前半/愛知県)
・「その方が経済的にお互い楽になるであろうから。」(男性/20代後半/大阪府)

■「いいえ」と回答した男性は・・・
・「家事を任せたいから」(男性/30代前半/静岡県)
・「子育てに専念して欲しい」(男性/20代半ば/愛知県)
・「家事と子育に専念してほしいから。」(男性/20代前半/東京都)
・「専業を希望するから」(男性/30代半ば/愛知県)
・「子供のために働かないでほしい」(男性/20代前半/愛知県)
・「家庭を充実したいから。」(男性/20代半ば/滋賀県)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150830-00010010-dime-soci