青柳幸一が司法試験憲法の問題を漏えいさせる

明治大学の憲法学を研究している青柳幸一が司法試験の問題を教え子の女子学生に漏えいさせた。青柳教授とこの女子学生は法務省の内部調査に対してこの情報漏えいの事実を認めている。

 

青柳教授は司法試験の論文試験の憲法の問題作成に関わっていたようだ。そして青柳教授はこの女子学生に問題を見せ模範解答まで示していたという。

 

ところで2007年ころに慶応大学法科大学院でも問題漏えい問題が発覚していた。しかし、慶応大学事件は似たような類似問題を示して答案練習をさせていたに過ぎない事件だった。今回の青柳教授は「司法試験の問題そのもの」を女子学生に見せていた点で非常に悪質性が高い。

ことしの司法試験で、問題の作成などを担当した明治大学法科大学院の教授が、教え子だった受験生に試験問題の内容を漏らしていた疑いがあるとして、法務省が調査を行っていることが関係者への取材で分かりました。

教授は関係者に対し、漏えいを認める趣旨の説明をしているということで、法務省は詳しいいきさつについて調査を進めています。

関係者によりますと、明治大学法科大学院の60代の男性教授は、ことし5月に行われた司法試験で試験問題の作成などを担当する「考査委員」を務めていましたが、試験前、教え子の20代の女性に試験問題の内容を漏らした疑いがあるということです。

漏えいした疑いがあるのは、この教授が問題の作成に関わった憲法の論文試験などの内容とみられ、法務省は教授や受験生から事情を聴くなど、調査を行っているということです。

教授は関係者に対し、漏えいを認める趣旨の説明をしているということで、法務省は詳しいいきさつについて調査を進めています。

NHKが教授への取材を申し込んだのに対し、教授の家族は「本人は体調が悪いので応じられない」と話しています。「考査委員」は法務大臣が任命する非常勤の国家公務員で、ことしは法科大学院の教授や裁判官、それに弁護士など、合わせて131人が担当しましたが、試験問題の内容などについて守秘義務が課せられています。

司法試験を巡っては平成19年、考査委員を務めた慶應大学法科大学院の教授が試験前に学生を集めて開いた勉強会で、実際の出題と関連するテーマを教えていたことが明らかになりました。

これを受けて法務省は考査委員のうち、法科大学院の教授の数を大幅に減らしたほか、問題の作成に関わる考査委員については受験資格のある学生らに一切指導しないことなどを義務づけていました。

情報源: 司法試験の問題内容 教え子に漏らした疑い NHKニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青柳教授の漏えいが発覚した経緯

今回漏えいが発覚した経緯は問題を教えてもらった女子学生の論文答案が異常なくらい好成績だったからだ。

 

憲法の論文試験で100点満点をたたき出したらしい。司法試験の論文試験では過去に100点満点をたたき出した例はない。というのはそれくらい重厚で高度な初見の問題を作成しているからだ。それで、100点満点になった答案を見た採点者の試験委員が不審に感じ法務省関係者に極秘に調査や内偵を命じて今回の不正が発覚したという。

 今回の不正は、教え子の解答の完成度が他の受験生に比べて突出して高かったことから発覚した。ただ、法務省関係者は「1対1の関係で漏えいされた場合、表面化せず見逃されてしまう可能性も十分にある」と述べ、不正を完全に防ぐことは困難との見方を示した。

情報源: 司法試験漏えい:出来過ぎた解答で発覚 経緯は背景は? – 毎日新聞

司法試験漏えい問題を起こした青柳教授の学生からの評判

青柳教授はお気に入りの女子学生を頻繁に食事に誘っていたりしており女好きとして学生の間では知られていた。加えてプライドも非常に高く学生の間ではブルー卿と呼ばれていた。

 

また、青柳教授の憲法学の専攻分野が平等権らしいが今回不平等な事件を起こしてしまい関係者からは失笑も漏れている。

 青柳幸一教授が教え子だった20代の女性に試験問題を漏洩(ろうえい)させたことが発覚した今年の司法試験は8日、東京・霞が関の法務省前で合格発表が行われた。明大の合格率は14・6%(53人)だった。 

明大法科大学院で青柳教授から講義を受けていたという20代男性は「女性をひいきすることで有名だった。

特定の女性だけを食事に連れて行くこともたびたびあった」と明かした。 この男性は「『学内の試験で最高評価を得るには女になるしかない』と半ば本気で言われていた。正直、『やっぱりな』という感じで、過去にも漏洩があったのではないかと疑ってしまう」と語った。 別の明大の男性(22)は「面倒見がいいと思っていた」と振り返りつつも、「授業で『平等』をテーマに教えているのに」と怒りをあらわにした。 

一方、司法試験では教授の主張通りに回答しないと評価されないといわれていたといい、学生の間では、そのプライドの高さを貴族に例え、名前の「青」の文字から「ブルー卿(きょう)」とも。明大卒の男性(26)は「司法試験の受験者で知らない人はいない。試験対策のために著書を買う人もいる」と語った。

情報源: 【司法試験問題漏洩】「女性びいきで有名だった」 青柳教授のあだ名は「ブルー卿」 – 産経ニュース