新国立には冷暖房が付かない

東京五輪のメイン会場になっている新国立競技場。建設費の高騰が国民の批判を受けている。

 

そこで政府が考えた建設費削減案は「会場内のエアコンを無くす」ことだったようだ。エアコンが無い代わりに熱中症対策として「救護室」を設けるらしい。

 

なんとも斜め上な建設費削減案に批判どころから呆れた声が殺到しているようだ。東京五輪は日本の歴史上最大の汚点になりそうな気がするな。

政府は27日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の総工費の上限を1550億円とすることで最終調整に入った。
 当初は1640億円とする案を検討したが、さらなるコスト抑制を図るため、観客席の冷暖房設備の設置を見送ることで上限額削減に踏み切った。
 政府は28日に関係閣僚会議(議長・遠藤利明五輪担当相)を開催し、上限額や収容人数などを盛り込んだ新たな整備計画を決定。収容人数については6万8000人とするが、将来のサッカー・ワールドカップ(W杯)招致も視野に、客席増設で8万人にも対応できるようにする。
 新たな整備計画では、総工費が2520億円に膨らんだ旧計画より約1000億円近く費用圧縮されることになる。政府は冷暖房設備を導入しない代わりに、熱中症対策のための救護所を設置するなどして観客の体調管理に万全を期す方針

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000001-jij-pol

スポンサーリンク

スポンサーリンク

河川敷でやった方がいいのでは?

東京五輪が開催されるのは8月の末からだ。日本の季節ではまだまだ残暑が厳しい期間だね。気温は30度を超えている日も多い。その時にエアコンなしで室内(屋根なし)で運動をするなんて地獄だ。

河川敷のグラウンド

まだ風が通っているだけ完全屋外で競技した方がいいだろう。だから江戸川の河川敷とかで適当に記録大会やれば事足りる気がする。

おもてなしじゃなくて罰ゲームの様相に

2020年の東京五輪で確実に熱中症で亡くなる方が出てくるだろう。誠に残念なことではあるが。競技を観戦する人は命がけで我慢大会になるのは確実だ。救護室を設けると言っているが熱中症対策はまず「予防」だろう。エアコンつけろよ。

 

 

組織委員会のおっさんたちの斜め上の発想からすると、新国立の会場でおそらく熱中症対策として「塩飴と水」が配布されるのかもしれないね。最低限ミストを設置するくらい頑張れよ。

ミスト