1,新宿駅の迷宮ぶりをモチーフにしたアプリができるw

 

 

沖縄在住のプログラマー上原大介さんが新宿駅の迷宮ぶりをモチーフにアプリを開発したようだw

 

名前は「新宿ダンジョン」というドラクエと風来のシレンをパクった感じのアプリに仕上がっている。

地方の人にとって新宿駅は難易度が高すぎる。

 

上原さんも新宿駅で飯を食おうと降り立った時、右も左もわからずまさに右往左往したそうだw

 

新宿駅は、案内表示が多すぎるのと、階層が複雑なのと、乗り入れている路線が多すぎる点が混乱の原因だ。

 

乗り入れている路線は東京都民でも把握していないんじゃないかな・・・。

 

例えば2010年時点で新宿駅に存在する路線でもこれだけある。そして利用客は300万人ほどいるw

 

  • JR東日本 – 一日平均乗車人員 736,715人(2010年(平成22年)度、JR東日本の駅の中で第1位。これは世界一の乗車人員でもある。)

  • 小田急電鉄 – 一日平均乗降人員 476,773人(2010年(平成22年)度、小田急電鉄の駅の中で第1位。)

  • 京王電鉄 – 一日平均乗降人員 724,012人(2010年(平成22年)度、京王電鉄の駅の中で第1位。但し京王新線新宿駅の利用者数も含まれている。)

  • 東京都交通局 – 一日平均乗降人員 391,672人(2010年(平成22年)度、両線合わせて都営地下鉄の駅の中で第1位。)

    • 新宿線 – 乗車人員 133,104人+降車人員 130,878人=一日平均乗降人員計 263,982人(都営新宿線全21駅中1位)
    • 大江戸線 – 乗車人員 62,083人+降車人員 65,607人=一日平均乗降人員計 127,690人(都営大江戸線全38駅中1位)
  • 東京メトロ – 一日平均乗降人員 215,468人(2010年(平成22年)度、東京メトロの駅の中で第7位。

同じ駅構内に300万人もの人が行き来しているとかよく考えるとすごいね。

 

新宿駅構内で働いている人だけでも数千人はいるんじゃないか?

 

駅員、掃除婦、売店のおばさん、飲食店の人とか・・・・。

 

田舎の人は東京は住む所じゃないと思うきっかけは新宿の人の多さなんじゃないかと思っている。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2、掲示板の反応

 

巨大駅の散策って面白いよね~~ブラタモリの企画も面白かった。
グーグルストリートビューの地下版作ればいいのに。
新宿在住だけど1か月くらいで迷宮ぶりにはなれた。複雑怪奇具合で言ったら、大阪の梅田の方がすごい。
新宿地下街で20年間脱出できない人の話を聞いたことがある。
通勤で使わない駅は大体迷うよね。
皮の服と棍棒でラスボスに挑むものか?
改札出るとき間違った改札から出ていないか緊張するよね。
池袋も難しかった、東西を間違えて反対方向に進んでしまうという写真者トラップもあるし。

 3、ソース記事(抜粋)

 

複雑に入り組んだ東京の巨大ターミナル。モノレールだけの沖縄で生まれ育った男性が、世界最大級の新宿駅を歩き回って「迷宮」を再現し、スマホ専用の無料のロールプレイングゲームを作った。ところが、「次はこっちの迷宮を」「いや、こっちがすごい」と、次々とリクエストが舞い込んでいる。 「もう出られないんじゃないかって本気で思いました」。沖縄県北谷町に住むゲーム制作者、上原大介さん(30)は振り返る。 3年前。観光で上京し、食事を取ろうと初めて新宿駅に降り立った。右も左も分からない。改札を入ったはずなのに、また改札。歩けども歩けども地下通路は似たような光景が続く。1時間経っても駅の外に出られない。人気ゲームのドラゴンクエストが思い浮かんだ。「ドラクエのダンジョン、迷宮そのものだ」 JRや私鉄、地下鉄の12路線が乗り入れる新宿駅は南北に約1キロ、東西に約500メートルの広さがある。JRのホームを1階とすると、地上2階、地下7階の重層構造。1日平均300万人超と日本一の乗降客数を誇るターミナルの構造は、ネット上で「解明は不可能」とさえ言われていた。

情報源: 「新宿駅はドラクエの迷宮だ」 沖縄の男性が脱出ゲーム:朝日新聞デジタル