ざっくり言うと・・・

タレントのマツコ・デラックスが「将来を諦め趣味に生きる若者」へ苦言を呈している。
「趣味に生きても金がかかる、適当に生きようと思ってもお金がかかる、とりあえず5年は死に物狂いで働け」という内容だ。
2chでは「猛烈に働いて過労死したらどうするの」「正論だ」「イケイケドンドンなバブルの時とは時代が違う」という意見もある。

管理人のコメント

管理人はマツコの意見に賛成している。
結局世の中はお金だと考えているし、お金がないと何もできない。
サラリーマンやっても資産を作れないのが現状だ。だから、ある程度リスクを取って起業して5年とは言わず10年くらい働き、後は資産運用というのがベストだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの反応

女装趣味で成功したデブが寝言言っているw
年収350万円くらいで独身だけど趣味に月5万円使えるから毎日楽しいよ?
死に物狂いでってワタミレベルで働くの?
若い頃、死に物狂いで働いて年収1000万行ったけどその後体調を崩して退職して年収350万になった。若い頃の方が趣味を楽しめるからね、少し後悔しているよ。
趣味に生きるって未来への希望がないってことだからな・・・。昔の世代は男は25歳くらいで結婚させられていたからさ、いつの間にか家族のために働くという風になっていたのよ。
全国転勤も、昇進も、休日出勤もすべて断ってマッタリ生きればいいよ、年収なんかどうでもいいぞ。
高度成長期ならこの言い分は正しいかもしれないけどね。でも今の世の中理不尽でめちゃくちゃなケースも多いからどれだけ若者の心に響くかね。
娯楽が多い時代だしな
マツコみたいに「家にいてもする事がない」ような人間が言っても説得力ないが。
まあ芸能人が5年くらい死に物狂いで働いたら億の資産は作れるだろうけど、サラリーマンは数百万レベルだよ。
一生懸命に働いても得をするのは経営者だよ?会社が傾いてら首になるわけだし。
頑張って働いて身体を壊しても会社は保証をしてくれないからな。
若い時から楽したいという姿勢だと人生に行き詰まると思うけど。
今までは猛烈に死に物狂いで働くと中高年になってそれなりの報いがあった。でも今の時代は違うよ、使い捨てだからね。
収入と激務度合は比例するよ、死に物狂いで働いて高給を手に入れても過労死が待っているね。老後はないよ??
こいつって、普段のなげやりな態度から、タモリみたいな
性格かと思ったら全然違った。とにかく死に対する恐怖が
半端ないw