ハワイでかき氷店やっていたのかw

カンニング竹山がとんねるずの番組の企画でハワイにて「かき氷店」をオープンさせていた。

最終的には75万円の利益が出るも、売上を上げるために自分と後輩三人でハワイに行った際の渡航費用110万円がかかってしまった。

その結果35万円の赤字になったそうで。

一か月しか、かき氷屋さんをやっていないみたいだけど1220万の売り上げがあったみたいね。

その内訳がTシャツ800万円、ステッカー200万円、かき氷200万円だったようで。

これはほとんどTシャツ販売のショップじゃないのかw

かき氷販売のテキヤ業は儲かるらしいが・・・。最初の設備投資系で費用がかさんだのが原因かな。

【ソース記事は最後にあります】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2chの反応など

・良いじゃんタレントで十分儲かるから

 

・材料費とか人件費が高すぎてあれwかき氷単体だと厳しいかもな

 

・かき氷なんて原価はただみたいなものだと思ったけど

 

・一か月限定で経費を引いてこれなら全然成功でしょう

 

・カンニング竹山って面白くないけどなんでテレビに出ているのか

 

・売れる時期とかだけやっていればいいのに、夏のお祭り時には一日の売り上げが50万円くらいいくこともザラだとか

 

・原価数円のかき氷で赤字とセンスがない

 

・フジテレビが全額出していて本人の懐は痛まないから別にいいじゃん

 

・半分以上、Tシャツとステッカーの売り上げというアレw

 

・とんねるずの番組で高級時計買わせたり高級車買わせたりしているけど、あれはやらせだよな?事務所が経費で落としていると思う

 

・アメトークの薄毛芸人も竹山だけ面白くなかった

 

・たしか最初に商売するために権利を買ったんだっけ?しかも600万円あ700万円くらいの

 

・竹山っていまでも相方の中島の遺族のためにギャラの半分を渡しているという男の中の男やで

 

・竹山の顔が入ったTシャツが3000枚くらい売れた勘定か、テレビで宣伝したらそれくらい売れるわな

 

・Tシャツステッカーの売り上げが凄くてかき氷全然ダメやんけ

 

・こういう期間限定系の商売は本当に儲からんよ、フェスのために土日限定の飯屋さんとか、移動費人件費とか様々な手間を考えたらアホくさくてやっていられない

 

・1085万円の経費のうち600万円が店やるためのロイヤリティという権利料のようだ、人件費光熱費は400万円くらいか、次からは権利料いらないから儲かるのでは

 

・もうTシャツ屋だなw

 

・短期間での商売だから、材料を卸売りの店ではなく小売店から購入したのも経費がかさんだ原因なのかな・