いまだに馴染めない東京のルール

ネット上で「慣れない東京のルールは何」という記事が話題になっていたのでピックアップ。

 

元ネタの記事を要約すると「エスカレーターの乗り方」「電車の乗り方」「バスの乗り方」「人との交流、付き合う距離感」に難儀している人が多いみたい。

東京の通勤ラッシュ時の駅の様子

私もこれらの意見には大体同意できる。

 

私は東京は仕事だけに来る、遊びだけにくる場所としては刺激的で面白い街だと考えている。以下では元ネタ記事を補足しながら私の体験談を書いていこうと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京は住む場所じゃない

東京は住むのにはあまり適していない。生活費が半端なくかかる。住むなら物価が安い地域に住むのをオススメする。

 

オススメは東京北区赤羽だw安い立ち飲み屋などが多く食費を抑えれる。上野や池袋へも電車で一本というアクセスの良さ。家賃も結構安いぞ。

頭がおかしい人も多い

お茶の水の明治大学の博物館に行った帰りのこと。

 

自転車のお姉さんと徒歩のサラリーマンのおっさんがトラブルになっているのを見たことがある。どうやら自転車のお姉さんがサラリーマンの進路を塞いだことにサラリーマンが激怒している様子だった。というかわざわざこの程度の事で怒って喧嘩しなくてもなという印象を持った。

 

こういう途端に頭おかしい人に絡まれるリスクは東京では格段に高い。

物価が高い

東京は何でも物が高い。定食屋など庶民的な店に行くとごはんセットではなく単なる単品メニューでも1000円を超えることがざらにある。東京以外の地方都市で定食セットが1000円を超える店はかなり高級店だ。

 

また、スーパーで買い物をしても全般的に物が安くない。地方都市においてコンビニで物を買っている感覚。

人に無関心,何があっても助けてはいけない

東京では困っている人を見つけても絶対に関わってはいけない。私の知り合いから聞いた人助けが仇になった話を紹介しよう。

 

彼(知り合い)はある東京の地下鉄の駅で乳母車をしんどそうに押していたご老人を見かけたそうだ。その老人はエスカレーターやエレベーターを使用せず階段を使って地上に出ようとしていた。で、彼は親切心からご老人の乳母車を持つのを手伝ったそうだ。地上まで運び終えてご老人に感謝の言葉を言われるのかと思ったら「この人泥棒です!!!」とその老人が突然叫びだしたそうだw

 

警察は来るわ、駅員が飛んでくるわで大変な目にあったそうで。防犯カメラの映像から彼が泥棒でないことを警察に納得してもらったみたい。

警視庁の職質がエグい

東京に頭のおかしい人が多いからかしれないが、東京の警察官の職質の頻度がすごい。ちょっと小汚い格好をして口にピアスでも開けていれば職質どころかか所持品検査まで始まる始末だ。

元ネタ記事

大学や就職などで、地方から上京する人は少なくないですよね。地方出身者にとって、東京の人の多さや、流行の移り変わりの速さなど、驚くことがたくさんあるかと思います。今回は、いまだになじめない東京のルールについて、働く女性たちに聞いてみました。

■やっぱり、エスカレーター!

・「エスカレーターの進む人と、止まる人の位置。大阪では逆だったから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「エスカレーターの右側をあけておく。ほとんど歩かない人のために行列を作って左側だけに乗るのはおかしいと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「左側に長蛇の列ができていても頑なに右側をあけて乗るエスカレーター。臨機応変に乗ればいいのにと思う」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

エスカレーターについての意見が一番多く見られました。関東と関西での立ち位置のちがいはもちろんですが、そもそも歩く人のスペースを作ることに疑問を持っている人が多いようです。

■電車のルール

・「始発電車に並ぶとき、その車両の専用の列がある。たまに並ぶ列をまちがえて並び直すことがあります」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「見るからに乗れない満員電車にムリやり乗りこんでくる。人との距離が近いし、満員すぎる体に他人の手が当たっていたりして嫌だ」(28歳/機械・精密機器/その他)

http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20150824200020_esr20150824_5157334

東京の満員電車はすさまじいものがありますよね。ムリやり乗らなければいつまでも乗れないので、仕方のないことではありますが、やっぱりなれないものです。

■東京の人が怖い!?

・「みんな歩くのが速いこと。うまく流れに乗れない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「隣人の顔も知らない。怖い」(31歳/マスコミ・広告/販売職・サービス系)

・「標準語で話すこと」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

マンションに引っ越したときに、隣人にあいさつしに行く習慣は東京ではあまりないかもしれませんね。また、人によっては、標準語が「ちょっと怖いな」と感じることもあるようです。

■バスも難関ポイント

・「バスの料金が前払いだということ。乗るまでずっと緊張している」(23歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「満員なら電車やバスは通過する。せっかく時間通りに駅に着いても、電車を逃して遅れることがあったから」(26歳/電機/事務系専門職)

電車や地下鉄もたくさん走っていますが、東京のバスも相当なもの。バスの料金は前払いするというルールになれない人もいるようです。

いかがでしたか? 東京在住歴が長くなってもいまだになれないと思うことは少なからずあるようです。東京の公共交通機関は複雑で人も多いので、大変だと感じることが多いのかもしれませんね。

http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20150824200020_esr20150824_5157334/p_2