1、つるの剛士が安保法案の報道に苦言

タレントで歌手の「つるの剛士」さんが安保法案可決に関する報道に苦言を呈している。

安保法案に関する報道は「反対意見」ばかりが報道されている。

つるの剛士さんは「賛成意見」もしっかり報道して安保法案のメリットデメリットを国民全体で考えるべきだと発言している。

管理人もつるの剛士さんに同意見だ。

物事の本質を理解するには「反対意見」を理解することが重要だと考えているからだ。

文章などを書く際も、反対意見を紹介してそれを叩く感じで書くと自分の意見の説得力が増すことが多い。

ところで本当にテレビ、新聞などのマスコミは「反対意見」しか報道しない。

ノンポリの中立な立場から報道するマスコミは日本からは絶対にでないだろうな。

本来のマスコミのあるべき姿は事実を客観的に報道することではないのかと感じるが。

全く話は変わりますが、以下ではつるの剛士さんに関する補足情報が続きます。

つるの剛士さんの自宅住所は湘南にあるのか、妻と子供に関する情報が続きます。

最後につるのさんが、マスコミ報道に苦言を呈したことに対する掲示板の反応があります。

つるの 剛士(つるの たけし、1975年5月26日 – )は、日本の俳優、タレント、ミュージシャンである。

福岡県出身

本名は靏野 剛士(つるの たけし)。

太田プロダクション所属。

都立大泉北高等学校(現大泉桜高等学校)卒業。

1997年に『ウルトラマンダイナ』の主演で知名度を上げる。

その後ラジオパーソナリティやレポーターなどのタレント業を経て、2007年に『クイズ!ヘキサゴンII』の「おバカタレント」としてブレイク。

同番組発のユニット・羞恥心のリーダーを務めた。

2009年にカバーアルバム『つるのうた』でソロ歌手デビュー。

以降、歌手・バンド・俳優・タレントと多ジャンルで活動。釣りや将棋など自身の趣味を仕事に反映させる活動もあり、積極的に育児に参加する父親「イクメン」タレントの代表的な存在でもある

情報源: つるの剛士 – Wikipedia

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2、つるの剛士は湘南に自宅がある?

つるの剛士さんの自宅は「湘南の藤沢市、片瀬山」にある。

つるの剛士さんは東京都練馬区で育ったが、子供が徐々に大きくなった2008年に藤沢市片瀬山に移住している。

また元々、つるの剛士さんは「サーフィン」などのマリンスポーツが大好きだったようで。

子供の生活環境、教育環境、自身の趣味を考えた上の移住だったようだ。

3、つるの剛士の妻と子供

つるの剛士は2003年に一般女性と結婚している。

お相手はスタイリストだった「遠藤美紀」さん。

るのと交際を初めてわずか3ケ月で結婚を決めたそうだ。

つるの剛士と「遠藤美紀」さんはお揃いの刺青を入れるなどそれなりに仲良くやっているようであります。

DQN臭い行動で嫌だなw

子供は2015年現在で合計4人いるそうだ。

5人目も考え中のようだ。

子供の名前は以下の通りです。

長男 詠斗くん 9歳

長女 うたちゃん 8歳

次女 おとちゃん 6歳

三女 いろちゃん 4歳

 ※なお、2015年現在

情報源: つるの剛士の嫁と子供は?湘南藤沢の自宅住所と本名は?歌と唐揚げ

 

4、掲示板の反応

本来当たり前のことなのに。マスコミが全体的にブサヨに偏っている。
メディアが反対派こそ正義と報道するのは本来おかしくない?報道はあくまで中立的であるべきだ。
確かに反対派を勝手に多数派にするのはおかしいよね。
チャンネル桜の保守系チャンネルでさえ、安保法案賛成派、反対派同数で討論しているからな。
さすが紳助の教え子、これから仕事が増えるな。
つるのは大正論を言っているね、ネトウヨの友達が増えてよかったねw
つるのは将棋をやり始めて賢くなった?
中国や韓国が顔真っ赤になってプルプル震えているのを見て法案成立は正解なんだと思う。
ヘキサゴンではああいうキャラだけど、意外にも博識だよ。
ヒゲの体調が「一般人を戦争に投入することはない」と断言して丁寧に説明していたけど、左翼の人の耳にはなかなか届かないね。
極めて全うな意見だ、偏向報道ばかりでうんざりする。

5、ソース記事(抜粋)

歌手でタレントのつるの剛士が15日に更新したツイッターで、「『反対反対』ばかりで『賛成』の意見や声も聞きたいなぁ」などと、戦争の賛否に関する報道のあり方ついて自らの見解を綴った。

すると、ネット上では「賛成する声はなかなか報道してくれない」「ごもっともだと思います」などと同調する声とともに、「あたしは絶対に嫌だから反対なんです」などと強く反論する声も挙がり、賛否両論が渦巻いている。

そして、「賛成派だって反対派だって平和への想い、戦争反対の想いは同じ」とし、「大切なコトたからこそ若い子達だって感情的、短絡的な意見にならないために色んなこと公平に一緒に考えたいよね」と持論を綴った。

情報源: つるの剛士 “報道のあり方”で発言し、ネット上が大荒れに | MusicVoice