一か月に7人とわいせつ行為をしていた山田浩二

星野君や平田奈津美さんの死体遺棄容疑で逮捕され未だに黙秘を続けているゲイホモの山田浩二容疑者。

 

星野君のポケットにコンドームなどの避妊具を入れていたなど偽装工作をしたなどの他に続報があったようだ。

茶髪の山田浩二

山田浩二は13年前に起こしたわいせつ事件で一か月に7人もの少年を監禁してわいせつな行為(アナルセックス?)に及んでいたそうだ。

 

そして懲役12年の実刑判決に服していたようだが、去年10月に出所したようだ。去年10月に少年に対する性犯罪で服役していたのに出所して一年足らずで再犯したことになる。

 

ところで性犯罪者って更生が難しいと聞くね。強姦で前科が複数ある人は自分で性欲をコントロールできない領域らしい。いわゆるセックス依存症と言う境地だとか。もう去勢するとかGPS付けて管理してもらうという対応は必要だね。

大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん(13)への死体遺棄容疑で逮捕された山田浩二容疑者(45)が13年前に起こした監禁事件で、約1カ月の間に男子中高生を含む少年7人が被害に遭っていたことが、当時の弁護人らへの取材で分かった。

いずれもわいせつ目的とされ、車に連れ込んだり、手錠をかけたりしていた。 弁護人や捜査関係者によると、山田容疑者は2002年2〜3月、男子中高生らに道案内を頼んで車に誘い込み、手錠や粘着テープで両手足を縛って連れ回したなどとされる。

連れ去り現場は今回の事件と同じ京阪寝屋川市駅前など周辺の京阪沿線が中心だった。

 府警に逮捕された山田容疑者は逮捕監禁や強制わいせつ、強盗、銃刀法違反の罪などに問われ、03年5月に懲役12年(求刑・懲役15年)の実刑判決を受けた。弁護側は控訴審で山田容疑者の精神鑑定を求めたが、認められなかった。

大阪高裁は同10月に控訴を棄却し1審判決が確定。山田容疑者は昨年10月に刑務所を出たばかりだった。 遺体で見つかった平田さんと同級生の星野凌斗(りょうと)さん(12)の顔や手には粘着テープが巻かれていた。府警は手口が酷似しているとみている。

情報源: 大阪中1遺棄:13年前 1カ月で少年7人が被害 – 毎日新聞

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 山田浩二の昔の同級生や先輩からの評判など

山田浩二は幼少期から他人の家の物を勝手に食べてしまったり自転車盗をしたり下級生をイジメたりなどで色々問題行動を起こしていた模様。

山田浩二の学生時代

当時の山田浩二の先輩の証言によると親の愛情不足でこのような歪んだ人格が形成されたようだ。

 

個人的には劣性遺伝子なんだろうなと感じる。一定数生まれてきてはいけない人種がいると思う。犯罪性向が強くて反社会的な人格の人っているんだよな。

大阪府寝屋川市の中1男女が惨殺された事件で、平田奈津美さん(13)の死体遺棄容疑で8月21日に逮捕された契約作業員・山田浩二容疑者(45)。

 平田さんと行動をともにしていた星野凌斗くん(12)も遺体で見つかり、残酷な結末を迎えたショックは大きい。

「逮捕後、うちの母親は“あの子、団地でカギのかかっていないヨソの家に勝手に入り込んで、物を食べていたことがあったのよ”と教えてくれた。舌足らずというか、あんまりしゃべらなくて、年少者にツバを吐きかけるなど陰湿で、みんなにちょっかいを出す。嫌がらせばかりして、子どもからも大人からも嫌われる小学生でしたね。彼はいつもひとりで遊んでいました」(同じ団地に住んでいた小学校の先輩)

 山田容疑者は幼少期、同府枚方市香里ケ丘のマンモス団地に住んでいた。なにしろ評判が悪い。ここまで嫌われる小学生がいるのか、と思うほどだ。前出の先輩が続ける。

「彼が小学校の途中で引っ越していったときは、正直いってホッとしましたよ」

 複数の関係者に取材を重ねると、聞こえてくるのは悪口ばかり。事件でピンときたのは一重まぶたと細長い鼻。中学の卒業アルバム写真と、最近自画撮りした画像を比べるとよくわかる。

 年をとっても特徴的な顔立ちは変わらない。なぜ、こんなモンスターに育ったのか。

「容疑者のお母さんは幼いころから“何やってんの!”といつも大声で怒鳴ってばかりでした。ドツいたりしていたと思う。かわいがっている姿など1度も見たことがありません。愛情のない家庭に育ったから、グレたんでしょう」(前出の先輩)

 両親と5歳下の妹と4人家族。親の財布から金をくすねたこともあったという。息子の悪評で居づらくなったのか、一家は2キロ先の枚方市山之上の戸建て住宅に引っ越した。

「お父さんはパン屋さんに勤務してはった。無口で仕事一筋という感じやね。お母さんはパート勤務。息子さんと顔がそっくりやねん。ただ、お母さんは体形がずんぐりむっくりやったけど」(転居先の近所の主婦)

 一家はここでも目立った。周辺の話によると、山田兄妹はそもそも学校生活になじめていなかった。兄の悪影響か、妹まで学校をズル休みするようになったという。

「兄ちゃん(山田容疑者)が他人の自転車を駅から盗んできたとき、妹に“あかん。それは窃盗ゆうんやで”って言ったらポカーンとしていてな。なにせ兄ちゃんがいろいろと面倒起こしよる子やったから、両親とも近所付き合いをようせんかったんよ。世間体が悪いから、できひんわな。兄ちゃんが中学を卒業するころ、転居してきて5年ほどで出ていきはったわ」(別の女性)

 山田容疑者は中学時代、窃盗、傷害などさまざまな犯罪に手を染めている。同じ中学生を監禁したのもこのころ。自分よりも弱い者しか標的にしない。何度も少年鑑別所の入退所を繰り返したという。

 中学は1学年12クラスのマンモス校で同級生は500人近くいる。学校での評判はどうだったのか。同級生のひとりが振り返る。

「成績は下から数えて何番目かで悪かったですし、運動もからきしダメ。女の子と映画に行ったというようなエピソードもない。モテるどころか正反対。暗いし、言葉もたどたどしく話し下手ですから」

 ワンダーフォーゲル部に所属。部活動で活躍したエピソードはない。不良グループに入っていたこともないという。

 勉強もダメ、運動もダメ、女の子にもモテない。そのくせ弱い者いじめは大好き。およそ何の取り柄もない山田容疑者は、いじめの対象にならなかったのだろうか。

「いつもバカにされていましたが、いじめられたことはなかった。ケンカは最も弱いほうやと思いますよ。人とつるむタイプじゃなく単独行動を好んだ。学校に来ていない時期が2か月あって、シンナーをやったからだという話は聞きました」(前出の同級生)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150901-00017745-jprime-soci