文科省が女性の妊娠しやすい年齢などに関する不妊治療の教材を配布

文科省が少子化対策の一環としてある副教材を作って高校生に配布したという。

卵子の経年劣化の図

それは女性の年齢と妊娠しやすさとの関係などをグラフにしたものや不妊治療に関する内容が盛り込まれた教材だ。そこには20代女性が一番妊娠に適している、40代をすぎると妊娠が難しくなるという記述が入れられている。また男性も特に年齢の指定がないが高齢になるほど生殖機能が低下し不妊治療に関わる率があがるという記述もなされている。

 

ものすごく今更あせって作りました感があるなw個人的にはいい傾向だと思う。

 

ところで私が個人的に思う少子化の原因やその対策を列挙してみた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男がモテだす年齢と女の旬が違うから

男性の旬は30歳から、女性の旬は20代だと言われている。だから同い年同士で結婚するというパターンがあまりない気がする。

 

30代の男は自分の子供を産める年齢の20代の女を結婚相手に求めてしまう。

 

そうすると30代男の同年代の30代女の貰い手はどうなるんだろう。30代の女は売れ残ってしまい微妙にミスマッチが生じるんじゃないかなと思う。

金持ちは複数家庭を持つべき、貧乏人は結婚してはいけない

少子化対策の一個として一夫多妻制を富裕層のみに限定して適用するべきじゃないかなと思う。

 

例えばダルビッシュはサラリーマンの年収の何十倍も稼いでいる。だから奥さんが5人いてもおかしくないし、がんがん内縁関係を作ってもいいと思う。また子供も犬や猫のようにガンガン増やして国力強化に努めてほしいw

 

一方、貧乏人は子供を持てないようにするべきなのかなと思うwやや過激だが、生物学的に弱い種は淘汰されるべきだからこれはしょうがないと思う。

女性の教育はするべき?

女性の晩婚化が進んで20代で結婚妊娠をしなくなった原因は女性の高学歴化だと思う。女性が男性のいる職場にガンガン進出してきて男性の仕事を奪ってしまう、そして要職の地位を任されてしまう。そうすると婚活して結婚する出産するという時間や暇が持てないんじゃないか?

 

ところで、女性ってそこまで社会進出や高学歴化を望んでいるのかなと個人的に思っている。これだけ女性の社会進出が云々と言われている世の中だが早く結婚して仕事を辞めたいと思っている20代女は多いのではないか。

結婚できる年齢をもう少し下にするべきだ

少子化を防止するには結婚できる年齢をもう少し下げたらいい気がする。女性は14歳くらい、男は16歳くらいからでいいんじゃない?明治時代やそれくらい昔は女性は16歳くらいで結婚していたと聞くけどな。

 

で、問題は早く結婚してもお金の問題をどうするんだという事。政府が10代を生んだ人には国力増強に貢献してくれましてねと言って毎月補助金を出せばいい。

元ネタ記事

文部科学省は妊娠のしやすさと年齢の関係や、不妊に関する内容を初めて盛り込んだ高校生向け保健教育の副教材を作製した。

少子化対策を担当する内閣府と連携して作製した。

21日の閣議後会見で有村治子女性活躍担当相が発表した。8月下旬から全国の公・私立高校に配布する。 

副教材は心の健康や喫煙・飲酒・クスリの乱用、感染症など健康に関する問題について解説や資料が掲載されたもので、題は「健康な生活を送るために」。A4判45ページ中、家族計画や妊娠・出産について4ページを割いた。 

22歳をピークに女性の妊娠のしやすさが低下することを表すグラフを使い、「女性にとって妊娠に適した時期は20代。40歳を過ぎると妊娠は難しくなる」と解説。

また、男性についても「年齢が高くなると精子の数や生殖機能の運動性が下がる」とした。不妊治療が近年増加していることや男女ともに不妊の原因になることなども記述した。

教材を使用するかどうかは、各学校の判断に任される。 有村氏は「男女ともに医学的、科学的に正しい知識を得て、安全で健やかな将来設計を考えていただければありがたい」と述べた。

情報源: 文科省:妊娠しやすさと年齢、副教材に 高校生向けに作製 – 毎日新聞