李充功ら13人がカップルを襲撃して金を奪う

在日朝鮮人の李充功(りよしのぶ)とその仲間ら13人が夜景を見に来ていたカップルを襲って合計123万円を強盗をしたとして逮捕送検された。

韓国人を取り締まれ

李充功らは大阪や奈良にある夜景スポットに張り込んでカップルを襲撃していた。その際に「タバコで目焼いたろか、土下座しろ」と脅して首をしめ失神させたり鼻の骨を折るなどの重傷を負わせている。

大阪や奈良の夜景スポットでカップルら16人を襲撃し、現金強奪を繰り返したとして、大阪府警は14日、強盗致傷などの疑いで大阪府門真市五月田町の無職、李充功(よしのぶ)容疑者(39)=韓国籍=ら15~39歳の男13人を逮捕、送検したと発表した。

これまでの捜査で計6件の被害(総額123万円相当)を裏付け、現場にいた16~17歳の少女3人も同容疑で書類送検した。

 府警によると、16人のうち1人は黙秘しているが、残る15人は「憂さ晴らしや小遣い稼ぎのためにやった」と容疑を認めている。

 逮捕・送検容疑は昨年6~8月、同府東大阪市と八尾市、奈良市の夜景スポット計4カ所で、カップルの男女ら16人に「土下座しろ。たばこで目焼いたろか」などと脅して暴行、現金を奪ったとしている。 

府警によると、被害者16人のうち2人が鼻を骨折して重傷、4人も首を絞められて一時失神するなど軽傷を負った。

情報源: 「たばこで目、焼いたろか」夜景スポット襲撃、13人逮捕 大阪府警、カップルら16人から120万円強奪疑い  – 産経WEST

スポンサーリンク

スポンサーリンク

朝鮮人の犯罪率が高いことを裏付ける証拠、MAXIM KOREAという雑誌の表紙

朝鮮人の犯罪率は本当に高い。ここに朝鮮人の犯罪に対する意識を表す面白い記事を発見したので紹介。マキシマムコリアという名前の韓国で発売されている男性向け雑誌の表紙をご覧いただきたい。

マキシマムコリア

 

女性をトランクに詰め込んだ写真が使われており、強姦や殺人をイメージさせるものだとして国際的に非難されている。朝鮮人の犯罪に対する規範意識なんてこんなもんなんだなとよくわかる一例だ。実際に韓国内では家庭内犯罪(近親相姦)や性犯罪が異常なくらい多い。

「女たちは悪い男が好きだろ? これが本当に悪い男だ」などと書かれた見出しとともに、タバコを吸う男性と、素足をテープで巻かれて車のトランクに押し込められた女性が写されている。

誰がどう見ても、拉致、強姦、殺人をイメージさせる“攻めすぎた”表紙で、発売されるや否や集中非難を浴びる結果に。女性団体からの抗議はもちろん、雑誌の回収を求めるオンライン署名運動が行われ、9月3日の時点で10万人が署名する事態にまで発展してしまったのだ。

「MAXIM KOREA」を咎める声は韓国国内にとどまらず、海外にまで拡大。イギリスの「コスモポリタンUK」はネット上のコラムで、「どこから指摘すればいいのかわからないほど、数多くの失態を犯した表紙」と非難。

「歴史上、最悪の表紙のアイデア」と酷評し、結婚した女性の53.8%が配偶者から暴力を受けているという2010年の韓国の調査結果を引用しながら、「韓国の家庭犯罪率がいかに高いかを考慮すれば、ますます衝撃的なグラビアだ」と皮肉混じりに指弾した。

アメリカの「ハフィントンポスト」は、「性犯罪率を下げるために努力しなければならないのに、それを煽ってはならない。このようなグラビアが社会に及ぼす悪影響を考慮してほしい」と指摘。アメリカのMAXIM本社も「とても深刻な問題を含んでおり、強力に糾弾する」という立場を表明した。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/10555528/